【決定版】ドバイ土産総まとめ!ばらまき用から定番土産を徹底紹介

ドバイ土産といえば、デーツやチョコ、ナッツといったものが定番だがそれ以外にもたくさんある。

正真正銘のメイド・イン・ドバイのチョコレートも登場するなど、世界中から観光客を惹きつけるドバイでは、お土産も常に進化している。


そんなドバイで買えるお土産アイデアを紹介したい。

絶対外さない!ドバイ人気土産「パッチ・チョコレート」

万人受けするチョコでありながら、ドバイらしい高級感を持つ「パッチ・チョコ」。そのコンセプトと味が受けて、人気のドバイ土産の1つともなっている。

しかし、「パッチ」の発祥は実はレバノン。美食の街ベイルートを抱えるレバノン発祥ゆえ、そのお味も期待を裏切らない。空港でも小分けになったパッケージが売られているが、モールに入っている店頭にいけば、味見も可能な上、グレードの高いチョコをゲットすることもできる。

【購入ガイド】世界が認める味!パッチ(Patchi)チョコレート

バージュ・カリファ展望台限定!?パッチ・チョコ

つい景色に夢中になりがちだが、バージュ・カリファの展望台には、なかなかユニークなお土産がそろっている。中でもおすすめなのが、バージュ・カリファが描かれたパッチ・チョコ。

ドバイ定番土産の高級チョコとドバイのランドマークが描かれたパッケージで、インパクト大だ。価格も1つ10~12ディラハム(300円〜360円)とお手頃。

価格: 1キロあたり205ディラハム(約6,200円)〜。価格はチョコのグレードによって異なる。
購入可能な場所:ドバイモール、モール・オブ・ジ・エミレーツ、パッチ直営店、空港など。

王族御用達。高級デーツ「バティール」

UAEの特産品でもあるデーツを使ったローカル感漂う高級スイーツ。「バティール」はサウジアラビア発のブランドだが、その高級感からドバイ土産としての地位を確実なものにしている。

特に人気なのは、ピスタチオやヘーゼルナッツなどが入ったデーツ。高級デーツということもあり、身もやわらく、とろける口どけ。

デーツだけでなく、バティールオリジナルのチョコやマロングラッセなど、中東の高級スイーツも美味。空港では、デーツのみの取り扱いになる。

ドバイ土産、高級デーツ「バティール」。普通のデーツとどう違うのか?比べてみた

価格: デーツは1キロあたり135ディラハム(約4,000円)〜。価格はデーツのグレードによって異なる。
購入可能な場所:ドバイモール、モール・オブ・ジ・エミレーツ、バティール直営店、空港など。

バラマキ用にぴったり!大定番の「チョコレート・デーツ」

デーツ自体は、異国感たっぷりの食べもので、人によっては、好き嫌いが分かれるだろう。しかし、チョコをかけてナッツを入れてしまえば、あら不思議。なぜか日本人にも食べやすい味に変身してしまうのである。

そんなわけで、ドバイ土産の定番として人気なのがアラビアン・ディライツのチョコレート・デーツ。

価格:1パック8個入りで20ディラハム(約600円)〜。
購入可能な場所:空港、スーパーマーケット。比較的どこでも手に入る。空港だと2箱買って1箱無料といったセールをよくやっている。

ラクダミルク入りの高級チョコ!「アル・ナスマ」

ドバイらしい定番チョコといえば、「アル・ナスマ」。ラクダのミルクを使っているのが大きな特徴。

高級チョコというだけあって、お値段も結構する。板チョコでも、1枚1,000円近くもするが、その価格に納得という声も多い。

価格: 板チョコは1枚30ディラハム(約900円)、お土産用9個入りのボックスは83ディラハム(約2,400円)〜
購入可能な場所:ドバイモール、モール・オブ・ジ・エミレーツのスーパー、土産物屋、空港

ドバイ発パティスリー「ヴィヴェル」のアラブスイーツ

アラブの伝統菓子からイタリア、フランス産チョコなど幅広いスイーツを扱うパティスリーショップ。アラブ菓子は、サフランやローズ、カルダモンなどアラブならではのスパイスを使っていながら、日本人にも合う優しい口当たりが特徴。


一口サイズで様々な味が楽しめるクッキーの箱詰めセット

店頭ではスイーツの試食もできる。見慣れないアラブスイーツでも、味をチェックして購入できるから安心だ。パケ買いしたくなるハイセンスなパッケージにも注目。

価格: 箱の大きさによって価格は変わる。1口サイズのアラブ菓子が15個ほど入った小箱で50ディラム(約1,500円)から。好きなスイーツのみを詰め合わせてもらうことも可能。
購入可能な場所:ドバイモール、モール・オブ・ジ・エミレーツに入っているヴィヴェル直営店。

幸福のアラビアからの贈り物。高級はちみつ「シドルハニー」

知る人ぞ知るのが、高級はちみつの「シドルハニー」。イエメンに自生している、シドルという木から採れたはちみつ。マヌカハニーと並んで抗菌性が高いといわれている。さらに、その希少性ゆえに世界でもっとも高価なはちみつの1つでもある。

シドルの木は、イスラーム教の聖典コーランでは、楽園の木とも言われている。神聖な木からとれた、高級はちみつ。その美味しさは、実際に食べたものを必ずやとりこにする。

UAE産を含めたオーガニック食品を扱う「Ripe Market(ライプ・マーケット)」や、ドバイモールに入っている高級はちみつ店「BALQEES(バルキース)」、スーパーマーケットなどで手に入れることができる。

価格:BALQEESのシダルハニーは、1瓶290グラムで615ディラハム(約1万8,000円)〜
購入可能な場所:ドバイモールに入っている高級はちみつ専門店「BALQEES」、スーパーマーケット、オーガニックショップ「Ripe Market」など

健康食としても!ナッツ&ドライフルーツ入りデーツ

ヘルシーフードとしても注目を集めているデーツ。通常のプレーン状態で食べても美味しいが、ナッツやドライフルーツが入ると、格段に美味しくなる。

価格:1パック6個入りで600円〜
購入可能な場所:ドバイモールや街中のスーパーなど

デーツの王様、「アジュワ・デーツ」

ドバイの定番土産といえばデーツ。しかし、デーツは200種類以上も種類があってどれを選んだらよいかわからないだろう。そこでおすすめなのが、「アジュワ・デーツ」だ。ブラウンのデーツが多い中、漆黒の色がアジュワ・デーツの特徴。

甘さ控えめで食べやすいことから、アラブ人たちにも人気がある。他のデーツと比べても、ややお値段が高いことから、そのクオリティの高さがうかがえるだろう。通常のデーツだと、ややべたつきが気になるが、アジュワデーツは、手でつまんで食べてもべたつきが少ないことも特徴。

種類いろいろ。デーツの食べ比べ&おすすめの食べ方

価格:1パック400グラムで1,500円ほど。通常のデーツよりもやや高め。
購入可能な場所:ドバイモールのスーパーなど

クセになる!?レイズの中東限定味ポテチ

見た目は普通のポテチだが、実はこれらはレバノン料理にちなんだ味付けになっている。それが「レバニーズミックス」と「ラブネ&ミント」だ。レバノン料理は、アラブ料理の中でも特に洗練された料理として、知られている。

「レバニーズミックス」は、中東料理ではおなじみの「ザーター」と呼ばれるスパイスと、「ラブネ」と呼ばれるチーズがミックスされたもの。塩辛いスパイスの味と、甘いチーズのコラボが絶妙。ちょうどいい塩梅に仕上がったポテチだ。

価格:1袋8ディラハム(約240円)〜
購入可能な場所:ドバイモールなど各モールや市内のスーパーマケット

しっとりとした食感!デーツ・クッキー

デーツやチョコとならんで、バラマキ用のお土産として人気なのがデーツ・クッキー。ほんのりとした甘さで、日本人の口にもよく合う。

おすすめはOMARAシリーズ。見た目よし、味よしで個人的にはイチオシのお菓子である。何がいいって、1つずつ包装されているから渡しやすい。

価格:1箱25ディラハム(約750円)〜
購入可能な場所:ドバイモールなど各モールや市内のスーパーマケット

おしゃれすぎるメイド・イン・ドバイの「ミルザム・チョコ」

おしゃれでユニークなチョコとして、ドバイで人気急上昇中。カカオからチョコを製造、販売に至るまでドバイで行う正真正銘のメイド・イン・ドバイチョコ。パッケージのセンスの高さが、目をひく。

ドバイの伝統料理に使うスパイスを使ったチョコや、サフラン、ローズ入りチョコなど日本ではあまりみかけない個性派なチョコがそろっている。

中にはチョコレートの国際コンクールで銀賞を受賞したチョコもある。世界が認めるドバイのチョコ。ミルザム本店は、工場やカフェが併設しており、見学に行くのも楽しい。

パケ買い必須!ドバイ発のおしゃれチョコ「ミルザム・チョコレート」

価格:1個34ディラハム(約900円)〜価格:1個34ディラハム(約900円)〜
購入可能な場所:Al Quoz地区の店舗。オーガニックショップ、「Ripe Organic」一部店舗。

世界一高いスパイスもドバイならお得に!スパイス類

スパイススークに行くと見たこともないスパイスが多くならんでいる。中でも観光客に人気なのが、世界一高いスパイスと呼ばれる「サフラン」だ。その多くは、かつての主要貿易相手だったイランからやってきている。

日本で買うと1グラム1,000円ぐらいはする。しかし、ドバイで買えば、10グラム300円程度。サフランは形状によって値段が異なる。最高級は「サルゴル」といって、全体が真っ赤のもの。黄色の量が多くなるほど、等級は下がる。

ドバイのスークを楽しもう!おすすめスポット、行き方、時間帯など

価格:サフランは10グラム300円ほど。基本は交渉制。
購入可能な場所:オールドスーク、スパイス・スーク。

おいしくて栄養豊富!種類豊富なナッツ類

ヘルシーフードとしても注目を集めるナッツ。ドバイでは、そんなナッツが種類豊富で、日本よりも手頃な値段で手に入る。カシューナッツ、ピスタチオ、アーモンドなど。

ナッツ売り場には、多くのナッツが並んでいるが、中でもおすすめなのはUAEの「Best」シリーズ。小袋から、大きめの缶まで種類も様々。

価格:1パック20ディラハム(約600円)〜。ナッツの種類や容量によって異なる。
購入可能な場所:スパイススーク、オールド・スーク、市内のスーパーマーケット、空港など

ドバイ在住の日本人に人気!ナッツを買うならココ。Choc&Nuts

ドバイ在住の日本人が、足しげく通うのがデイラ地区にある専門店「Choc&Nuts(チョック&ナッツ)」だ。デーツやナッツなどを幅広く取りそろえている。メトロのユニオン駅から徒歩10分ほど。

ナッツだけでなく、はちみつやチョコレートデーツといった定番ドバイ土産も購入可能。フレンドリーなスタッフたちが、いろいろと試食させてくれる。14時から16時は、昼休憩で休みになるので注意。

甘いデーツと一緒に。アラビック・コーヒー

その他にアラブっぽいものといえば、アラブコーヒーだろう。「カフワ」というコーヒーを意味するアラビア語が、「コーヒー」の語源であるように、アラブとコーヒーの関係は深い。

グリーンコーヒーと呼ばれる栄養価が高い生豆から作られたネスカフェのインスタントアラビックコーヒーシリーズから、濃厚なアラブコーヒーなど種類はさまざま。

価格:250グラム1袋15ディラハム(約450円)〜
購入可能な場所:ドバイの主要モール、市内のスーパーマーケット、空港など

高級ブランドの中東限定版の香水&オリジナル香水

香水が全然売れねえと高級ブランド泣かせな日本とは対照的に、ドバイの高級ブランド店では、どこも香水を売っている。湾岸のアラブ人は男女ともによく香水をつけるので、ニーズが高いのだ。

高級ブランド店に行けば、中東限定の商品も。ドバイっぽい香りを楽しみたいなら「ウード(沈香)」の香りがおすすめ。

パフュームスークへ行けば、簡単に自分の好きな香水を調合してくれ、ボトルも好きなものを選べる。完全に世界で一つだけのオリジナル香水だ。価格もモールに売っている香水よりお手頃だ。

購入可能な場所:モールの化粧品売り場、ブランドショップ、パフュームスークなど

高貴な香りとパッケージで人気!クレオパトラ石鹸

実はサウジアラビアが原産国なのだが、なぜか日本人にとってはドバイの定番土産としてよく紹介されている。古代エジプトをイメージしたパッケージがかわいい。

どうせパッケージだけじゃない?と思って使ってみたところ、本当に香りがよい!しかも1つあたり約300円程度とお手軽。これはなかなか良い買い物じゃないだろうか。ただし、見つけるのが難しいのが難点。

めっちゃいい香り!ドバイでクレオパトラ石鹸を買ってみた

価格:1個10ディラハム(約300円)
購入可能な場所:サトワ地区にあるユニオンコープなど。主要モール等では扱っていないので要注意

ラクダミルクで作ったラクダ石鹸

オーガニック石鹸、「ザ・キャメル・ソープ」もクレオパトラ石鹸と並んで人気。1つずつ手作業で作られているというオーガニック石鹸。オレンジやシナモン、バラ、ラベンダーなど全部で8種類ほどの香りで展開。

石鹸1つに900円かあ・・・と思っていたが、実際に使ってみた知人いわく、肌がもちもちっとして香りも良い!ということで意外と好評なようである。

価格:1個あたり30ディラハム(約900円)。香りによって価格は異なる。
購入可能な場所:ドバイの主要モール、バスタキヤ地区のお土産屋、空港、スーク・マディナット・ジュメイラ、デイラ地区のスパイス・スークなど

肌触り良し!パシュミナストール

パシュミナは、カシミヤよりも繊細で肌触りの良い毛織り物。そんなパシュミナストールが手に入るのが、デイラ地区にあるテキスタイル・スーク。

シンプルなものからアラビックな柄が入ったものまである。ただ中国産や100%ではないパシュミナストールもあったりするので、なかなかパシュミナ100%のものを見極めるのは難しい。

価格:価格は交渉によって決まる。目安としては1枚100ディラハム(約3,000円〜)
購入可能な場所:サトワ地区にあるユニオンコープなど。主要モール等では扱っていないので要注意

幻想的な色合いのトルコランプ

美しい色合いのガラスが、幻想的なトルコランプ。ひとたび灯りを灯せば、非日常空間が漂うこと間違い無し。形もさまざまなので、お気に入りのランプを見つけてはいかが。

価格:価格はランプの大きさによって異なるが、目安は1個40ディラハム(約1,200円)〜
購入可能な場所:オールド・スーク、ゴールドスーク裏など

カラフルな色使いのバブーシュ

スークを歩いていると、思わず目をひくのが、カラフルなバブーシュたち。大小さまざまで、部屋にインテリアとして飾ってもよし。地元では、「アリババ・シューズ」という名前でおなじみ。

価格:基本値段は交渉制。目安として1個30ディラハム(約900円)〜
購入可能な場所:オールド・スーク、テキスタイル・スーク、ゴールドスーク裏

美しいサンドアートで砂漠を感じる、サンドボトル


カラフルな砂を使って描かれたサンドアート。ドバイモールやアトランティス・ザ・パーム水族館など主要観光スポットなどで売られている。形は大小様々で、リクエストをすればオリジナルのサンドアートを作ってもらうことも可能。

価格:価格は大きさによって異なるが、目安は1個10〜40ディラハム(300円から1,200円)。
購入可能な場所:ドバイモール、デイラ地区のスーク、アトランティス・ザ・パームのロストチェンバー水族館近く、マディナット・ジュメイラ・スークなど。観光スポット全般で取り扱っている。

ギリギリでも間に合う!ドバイ空港はお土産が充実

ドバイ空港のお土産は、実に種類が豊富。ドバイ土産定番のチョコレート類はもちろんのこと、ナッツや高級デーツのバティール、スパイスなど、ここで紹介した食品系の土産はすべて手に入る。

パッチチョコレートやバティールは、空港で販売されている商品はドバイ市内の店頭よりも限られているが、空港の品数も充実。

逆に空港で手に入らないものといえば、スークで売っているもの。スパイスやナッツは、空港でも売っているが、スークで買うよりも少々お高め。バブーシュやランプなどもスークで手に入れておいた方がよいだろう。

さらにお土産めぐりを楽しむなら・・・

ドバイは観光色が強い。ドバイモールでも、デイラ地区のスークであっても、お決まりの観光客扱いを受ける。観光客が多いのでしょうがないが、それでも時には少々煩わしく感じる時もある。

そんな時におすすめしたいのが、シャルジャである。シャルジャはドバイから車やバスで数十分でいけるドバイの隣にある首長国だ。観光客はドバイに比べるとずっと少ないが、一方でスークが充実しており、観光客扱いを受けずに現地の人々と買い物ができる。

関連記事:人情あふれる町!知られざる観光スポット、シャルジャとは?

ドバイ旅行おすすめ本

ドバイ旅行の最新情報を得るなら、るるぶがおすすめ。Kindle Unlimitedの無料体験であれば、無料でるるぶドバイが読める。

るるぶドバイ(2018年版) (るるぶ情報版(海外))
JTBパブリッシング (2017-12-06)