ドバイの旅行費用いくらかかる?格安から豪華プランまで計算してみた!

ドバイといえば、金持ち専用の観光地というイメージがある。どうせ何をするにもお金がかかるんじゃない?と思われるかもしれない。

確かにそのイメージは間違っていないが、それほどお金をかけなくても楽しめるのがドバイでもある。しかし、逆にお金を使わなさすぎるとドバイ旅行の楽しさも半減する。お金の使い方のさじ加減が難しいところである。


ドバイ旅行において、どこにお金を使うべきで、どこで旅費を抑えることができるのか?というポイントと、実際に格安旅行からラグジュアリー旅行までパターン別に、どれぐらいの旅費がかかるのかをシミュレーションしてみたので、ご紹介する。

ドバイ旅行でかかる諸費用は?

空港からホテルへ行くには、メトロもしくはタクシーを利用するのが一般的である。空港から市街へは20~40分ほどで着き、値段も2~3千円と日本に比べて安い。

メトロの場合は、場所によって異なるが、3ディラハム〜10ディラハム(約90円から300円)と日本に比べても安い。空港からメトロまでは直結しており、使い勝手がよい。メトロの駅から近いホテルに泊まる場合は、メトロを使う手もあるだろう。

食事に関しては、どこで何を食べるかによって値段がだいぶ違ってくる。町中の食堂やB級グルメレストランであれば、アルコールなしで2人で100ディラハム(約3,000円)ほどで済む。

一方でお酒を頼むと、価格が一気に上がる。ビール1杯で約900円、ワイングラス1杯で1,200円なのでお酒のあるなしでだいぶ値段は違う。ドバイでお酒を安く飲むなら、ハッピーアワーを利用したい。早い時間であれば、決められたドリンクが半額などかなりお安く飲むことができる。

しっかりとしたホテルのレストランで、お酒付きで食事をするなら、1人あたり1万円以上は見積もっておきたいところだ。

まとめるとこんな感じだ。

ドバイ旅行にかかる諸費用

ホテルの料金(1泊あたり)
高級ホテル:3万円〜
中級ホテル:1万円〜1万8,000円
格安ホテル:5,000円〜1万円

食事の料金(1人あたりの値段)
高級レストラン:5,000円〜
中級レストラン:〜3,000円
食堂:〜1,500円
*お酒はのぞく

アルコール類の料金
ビール1杯:1,200円
グラスワイン1杯:1,400円

移動にかかる費用
タクシー(初乗り):360円
メトロ:90円〜300円

上記をもとに様々なケースでドバイの旅費を算出してみる。いずれも一人旅の場合を想定。

時間に余裕あり!とにかく超絶最安値でドバイに行きたい!

3泊4日の最安値プラン。乗り継ぎ便を利用することで、航空券代をカット。ただし、片道14時間(直行便の場合は10時間)以上はかかる。ホテルはドミトリーで1泊あたり3千円。移動は主にメトロを使用。ドバイ旅行の最安ライン。

航空券(乗り継ぎあり)            :70,000円
ホテル(B&Bで3泊)           :9,000円
食事                                        :5,000円
移動                                        :2,000円
合計:8万6千円

格安ホテルについては、別の記事を参考いただきたい。

ホテルにこだわりはなし!とにかく最短最安値でドバイの世界一を見たい!

個人手配で3泊4日一人旅。空港、ホテル間はタクシーを利用。アブダビへの日帰り旅行も入れた価格。観光施設の入場料は世界一高いタワー、「バージュ・ハリファ」と「ドバイ・フレーム」の入場チケットの値段。

航空券+ホテル(エミレーツ直行便):8万円
ホテル(2泊分)                :2万円
食事(昼夜)           :1万円
移動費              :1万円
観光施設の入場料等        :5,000円
合計:約13万円

ここまでは、実は個人手配した時の値段。私が初めのドバイ旅行に行った時もこんな感じだったのだが、パッケージ旅行だと、上記と同じ内容で10万円を切るパッケージもある。どうしてもこのホテルに泊まりたい!というこだわりがなければ、パッケージ旅行の方が安く済むだろう。

ドバイ格安ツアーをチェックする

ドバイの良さをがっつり味う!リッチなドバイ旅行プラン

ちょっと良さげなホテルをチョイスした2泊3日のプラン。ホテルはドバイでも評価が高い5つ星ホテルを想定。観光では、日帰りの砂漠ツアーを組み込んでみた。ドバイをがっつり楽しめるベーシック・プラン。

航空券(エミレーツ直行便)       :8万円
ホテル(2泊分)             :7万千円
食事(昼夜)           :1万5,000円
移動費                               :7,500円
観光施設の入場料等        :1万5,000千円(砂漠ツアーの金額を含む)
合計:約19万円

個人でとるとなるとどうしても高くなってしまう。パッケージ旅行の中には、ドバイでも人気の高級ホテルに泊まれるプランもある。そちらもチェックしておいて損はないだろう。

豪華5つ星ホテルに泊まる!ドバイツアーをチェック

ドバイを徹底的に楽しむ自分へのご褒美!セレブ気分を味わうドバイ旅行プラン

3泊4日プラン。ドバイの醍醐味である砂漠のホテルで1泊。残りの2泊はドバイ市内の5つ星ホテルに滞在。食事は砂漠のレストランでのディナーを含むので、やや高め。

航空券(エミレーツの直行便) :8万円
ホテル(3泊分)           :13万円
食事(昼夜)         :2万円
移動             :1万5,000円(砂漠ホテルへの移動のためやや高め)
観光施設の入場料等      :5,000円
合計:約25万円

砂漠ホテルに泊まれるツアーをチェック

ドバイ旅行は安く済ませることもできるが、ドバイらしさを味わうならやっぱりお金をかけたことにこしたことはない。フライトのルートやホテルのグレードにより旅費全体も大きく異なるので、どこにお金をかけたいかを見極めた上で、旅行を計画したいところだ。

個人手配vsパッケージツアー。どっちがお得?

実はひとえにパッケージツアーの方がお得ともいえないのがドバイ旅行。個人手配とパッケージツアーのメリット&デメリットをそれぞれ見ていこう。

パッケージツアー

メリット
ホテルと航空券がセットになっているので個人手配するよりも安い。
ガイドや送迎がついているツアーもあるので便利で安心。

デメリット
決まった日数での旅行のみ。ほとんどのパッケージが3泊4日から。
ホテルの選択肢が少ない。

個人手配

メリット
好きなホテルに泊まれる。泊まれるホテルの選択肢が多い。
自分のスケジュールにあわせて移動できる。

デメリット
移動も含めた手配はすべて自分でやらなければいけない。
パッケージツアーよりも高くなることがある。

パッケージツアーは確かに安い。けれども、そうしたパッケージツアーでは泊まれないホテルが結構存在するのだ。例えば、私がイチオシする「アル・マハ・ホテル」。砂漠のホテルで1泊10万円はするのだが、旅行代理店のパッケージにはない。ドバイの人気高級ホテルである、アルマーニホテルやブルガリホテルなども個人手配でしか泊まれない。

そんなわけで、まずはドバイのおすすめホテルをチェックした上で、泊まりたいホテルがパッケージにあればパッケージ。なければ個人手配という風に考えるのもありだろう。

ドバイ旅行の費用を抑えるコツ

ゴージャスなドバイ旅行を楽しみたい。けれどもなるべく費用は抑えたいという人にアドバイスを。

以下の表をみていただきたい。これは先ほど紹介したリッチなドバイ旅行プランの費用の内訳を示したものである。

そう、航空券をのぞけば費用の半数がホテル代なのだ。つまりドバイの旅費を抑えたかったら、ホテル代を抑えろということだ。

数年前には、安かろう悪かろうが当たり前だったドバイのホテル。しかし、最近ではスタイリッシュでクオリティが高いのに格安といったホテルもでてきている。

バックパッカーをほとんど見かけない街

一方で、バックパッカー向けのホステルやドミトリーに泊まるのは、あまりおすすめしない。もちろんドバイでも1泊あたり3千円ほどの宿もある。ただ、実際に泊まったバックパッカーの知人によると、ドミトリーは旅行者というよりも、出稼ぎ労働者が多く、受付の対応もあまり良くなかったとのことだ。

ちなみにドバイでは、ほとんどバックパッカーはいない。そのため、先ほどの格安ホテルに泊まるのは、東南アジアから出稼ぎに来た人々だったりする。バックパッカー同士で仲良くなって、ドバイ観光というのはあまり期待できない。

ドバイ旅行の情報収集するなら

変化の激しいドバイ。レストランや観光スポットも1年経てば変わってしまう。そんな中で、最新の情報をくわしく教えてくれるのが「るるぶ」。在住者が読んでもこんな場所があったのか!というぐらい徹底的にドバイ観光について説明している。個人的にはドバイ観光情報の中では一番まとまっているガイドと言えよう。

Kindle Unlimitedの無料体験であれば、無料でるるぶドバイが読めるのでおすすめ!

るるぶドバイ(2018年版) (るるぶ情報版(海外))

JTBパブリッシング (2017-12-06)