ドバイってどこ?ドバイって国なの?ドバイに関する疑問にお答え!

今ではテレビでも取り上げられるようになり、すっかりその名を知られるようになったドバイ。

40年前はドバイの地は単なる砂漠で、金持ちのカケラすら感じられない場所だった。それゆえ多くの人にとっては一体どこにあるの?ドバイって国なの?といった疑問を持たれる場所である。そんなドバイに関する疑問にお答え。


ドバイはどこにある?

アラビア半島のつきだした部分にあるのがドバイ。ドバイは国ではなく、あくまで首長国。日本でいう神奈川県みたいなもの。正式な国名はアラブ首長国連邦(UAE)。


アラビア半島にはUAEのほか、オマーンやサウジアラビア、イエメンなどがある


日本とUAEの距離

ドバイの面積は日本の埼玉県ほどだ。ペルシャ湾(アラビア湾)を挟んだ向かい側には、イランがかまえている。地理的に近いため、昔からイランとの交流も盛んだった。

地域でいえば中東に位置するわけだが、一口に中東といって「危ない場所なんでしょ?」と言われては困る。確かにニュースを騒がせているシリアやイラクといった国々も中東地域に入るが、ドバイとそうした国々の治安はまったくもって別物。とりわけドバイの治安は、個人的には日本よりもよいといえるほどだ。

ドバイの治安の詳細
【2018年版】ドバイの治安情報をドバイ在住者が徹底解説

日本からはどれぐらい?

日本からドバイまでは飛行機でおおよそ10時間。ドバイが運用するエミーレツ航空の直行便が関西、羽田、成田空港から出ている。

そのほかにもシンガポール航空や中国航空などアジアの都市からも多く便が出ている。

よくある勘違い。ドバイ=国じゃない

先述したようにそもそもドバイは単なる都市であって、国ではない。正式な国名はアラブ首長国連邦(UAE)で首都はアブダビ。UAEは7つの首長国から形成される国で、ドバイはそのうちの1つの首長国にすぎない。

けれどもドバイのイメージ戦略により、あれよあれよと言う間に首都を差し置いて、ドバイは世界でも有名な場所になってしまった。それゆえ、多くの人がドバイ=国だと思うようになってしまった。

今やギンギラギンに輝いているドバイも40年前は単なる砂漠だった。


1990年代のドバイ。何もない・・・。画像はWikimedia Commonsより引用


2015年のドバイ。あの砂漠からこんな未来都市に変貌することなど誰が予想できただろう。画像はWikimedia Commonsより引用

たった数十年で「ゴージャス都市」と世界に印象付けたドバイ。ドバイは、「世界一の観光地を目指す」をスローガンにかかげ、とにかく世界一の規模にこだわった高層ビルやモールなどを作り出してきた。

ドバイは石油で潤っている?

ドバイの人気ぶりにはアブダビも参ったものである。ドバイの華麗なるイメージ戦略により、ドバイは石油で潤っていると思う人もいるだろう。

けれどもドバイは石油がほとんど出ていない。今のドバイが潤っているのは、観光や貿易、不動産といった非石油部門からの収入がほとんどだ。

一方でUAE内においての真の金持ち。それがアブダビである。

本当のボスはあまり知られていないものである。UAEのボスことアブダビにおこぼれを預かっているのが、ドバイも含めたそのほかの首長国なのである。ドバイのシンボルといっても過言ではない、世界一高い高層ビル、「バージュ・ハリファ」はその昔資金繰りに困ったドバイがアブダビから借金をして完成したものなのだ。

ドバイ旅行おすすめ本

ドバイ旅行の最新情報を得るなら、るるぶがおすすめ。Kindle Unlimitedの無料体験であれば、無料でるるぶドバイが読める。

るるぶドバイ(2018年版) (るるぶ情報版(海外))
JTBパブリッシング (2017-12-06)