ドバイの言語は?英語は通じるの?

イスラム教の国、アラブ首長国連邦にあるドバイ。アラビア語が主流で英語が通じないと思われるかもしれないが、実は英語の方が広く使われている。ドバイの人口から考えると、外国人が80%なのでそうした彼らがコミュニケーションをとるために英語が一番広く使われている。

もちろんこれはドバイの話であって、アル・アインやシャルジャなど比較的現地のエミラティ人口が高い地域では、アラビア語率が高くなる。


標識やメトロの案内もアラビア語と英語の2ヶ国語が使われているため、ドバイに観光で来る場合には英語ができれば十分だろう。

しかし英語が通じたところで道などを聞いてもテキトーに答える輩もたまにいたりするのであてにならない。よって英語ができてもできなくても、楽しもうと思えば楽しめるのがドバイ観光なのである。

またドバイで話されている英語は各地の訛りが強いためすぐには理解するのが難しいかもしれない。というのもドバイにいる多くの外国人がインド人、パキスタン人が占める。特にタクシー運転手ともなるとインド人、パキスタン人が多く彼らの英語が聞き取りにく感じることがある。それでも彼らは小さいころから英語を学んできたほぼネイティブなのである。

さらにこちらでは、アメリカ英語ではなくイギリス英語が主流だ。UAEの独立前にはイギリスが統治していたということもあり、会社にしてもイギリス人が多く働いていたり、あちこちでイギリス英語を聞くことが多い。

アメリカ英語で勉強してきた私にとっては、イギリス英語もわからん!インド英語もわからん!パキスタン英語!もわからんという3重苦に苦しめられている。

一方でお店の店員さんやレストランのウェイターさんは、フィリピン人が多く彼らの英語は日本人にとっては非常に聞き取りやすい部類に入ると思う。観光で道に迷ったりしたら、インド人やパキスタン人よりもフィリピン人に聞くことをおすすめする。彼らは比較的愛想もよく優しく教えてくれるからだ。

アラビア語を勉強したい、もしくは使いたい人とっては、ドバイは最適な場所ではない。アラビア語が聞こえたとしても、現地のローカル人が少なく、話す機会もほとんどない。英語で何でもできてしまうのでアラビア語を学ぶ必要がないのである。なのでアラビア語で店の人に「シュックランありがとう)!」といっても「???」といった反応をされることが多い。

ドバイ=英語がどこでも通じると思っていたのだが、これが伝統的な現地のイベントなどになると話が違う。ここは英語が通じるドバイなのか?と思うぐらいに、誰に話しかけても英語を話さないという状況に一度だけ陥ったことがある。あれはUAEのジモティー率90%という謎のイベントだったのだが、あそこまで英語が通じないとやっぱりアラビア語を勉強せなあかんなあと思うのだ。

ドバイ旅行おすすめ本

E01 地球の歩き方 ドバイとアラビア半島の国々 2016~2017
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 67,954
ドバイ (タビトモ)

ドバイ (タビトモ)

posted with amazlet at 16.09.15
ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 140,784