地元人に聞いた!観光客が知らない宮島のパワースポット神社

何度もこの観光スポット宮島へ足を運んでいるというのに、いつも一見さん観光客と同じ場所しかめぐったことがない。それはいつも誰かと訪れているからで、観光地に来てはいるものの意識の集中はおしゃべりや人への気遣いにあり、完全に観光地と向き合うということになかったからだと思う。

だからこそ一人で訪れたこの度は、こんな出会いがあったのだろう。


海外での一人旅は、意外な人と出会いがあるから面白い、という人もいる。まさにその通りだ。日本人を珍しがらない日本人だらけの国内旅行でも一人旅をすれば、意外かつ不思議な出会いがある、ものらしい。

縁とは不思議なものである。

観光客でわきたつ宮島へ向かうフェリーの上、どうやら同じく一人でやってきたいかにもバックパッカーな外人を横目に、厳島神社の鳥居を眺めやる。あいにくの雨模様であるが、しばらく雨との出会いがなかった人間にとっては、あいにく上等。映画「もののけ姫」の始まりのシーンを彷彿させる霧で身を隠す山々に囲まれた、神の島、宮島へ上陸した。

ガチで神社参りをする地元民ばあさんとの出会い

海外であれば一人旅をするのにはなんら抵抗はないが、国内の観光スポットで一人歩くとなるとなんとなく気まずさを感じる。

とりわけ宮島なんていう、現代風の言葉を借りればパワースポットなる場所を一人出歩いていると、恋人探しに必死な女がご利益を授かろうとパワースポットめぐりをしているかのように見られかねない。

ここは他の観光客同様、神の使いといわれる鹿を愛でながら、まずは厳島神社へ一直線。

ここは他の観光客と同じコースを回ってもつまらないと思ったので、厳島神社内にある観光客があまり立ち入らない小さな神社を巡ることに。その1つが学問の神様といわれる菅原道真公を祀った天神社だ。


厳島神社内にある天神社

とりあえず一票でも多くの有権者の心をつかみたい選挙区周りをする議員のように、神様の心をつかむため、小さな神社でもとりあえず参っておくという作戦だ。

観光客であふれる本堂の神様は一人一人の願い事を聞くのに手いっぱいだが、人が参らない暇そうな神様にはきちんと願い事が通じるだろうというゲスな考え方からである。

天神社でのお参りが済み立ち去ろうとすると、向こうからばあさんがやってきた。ちょうど桃太郎に登場するようなまだまだ動けるばあさんである。高齢者でもない、といっても妙齢のどこかまだ女としての色気を漂わせている感じでもない。だからちょうど桃太郎のばあさん、というのがしっくりくる。

ばあさんが、

「おやおや、学問の神様に参られているということは学生ですかい」

と声をかける。ここで学生などという二十歳前後に見られることで舞い上がるということは、自分もそこそこ歳をとってきたのだろうと冷静に実感する。

「いえ、今日はおみくじを引くために厳島神社に参拝したんどすえ」

「それはそれは。きっとあなたの両親はしっかりした敬虔な人なんでしょうねえ」

とばあさんは知りもしない私の両親の心得にえらく感心したようで、自分は広島に住む地元民で神社に参拝するため、宮島に1ヶ月に1回という粗大ごみ収集と同じぐらいの頻度できていることなどをとうとうと語り出した。

そして、自分と同じくおみくじを引くのが趣味で、神社参りをする同類に出会い舞い上がったのか「ほんなら」といって観光客がまずスルーするであろうディープなおすすめスポットを次々と教えてくれた。

江原啓之もそのパワーにうなった厳島龍神


大願寺の近くに所在なさげにたたずむ龍神

宮島観光のメイン、厳島神社を見終わったと油断している観光客の前に現れるのが龍神である。スピリチュアルなるものを感じない眼を通せば、単なる石をまつったそれほどにご利益を感じない場所程度にしか見えない。

しかしばあさんいわくスピリチュアルカウンセラー、江原啓之氏が訪れた際には、石からかなりのパワーを発していると発言したほど、スピリチュアルパワームンムンな石なのだ。

普通ならばこういった類のものは信用しない私だが、おみくじ引きという共通の趣味を見出した今では、おみくじばあさんが言うことをいとも簡単に信じてしまう。宮島へやってくる時点で、目には見えない何かにご利益を授かろうというモードになっていたせいもあるかもしれない。

厳島神社の本殿や平舞台にむらがっていた観光客は一体どこへやら。皆ちりぢりとなってその石に参ろうとすらしない。

江原氏のようにパワーは全く感じられないのだが、ここは騙されたと思いばあさんの教えに従って、体を石にあずけ、願い事をする。体全体で石のパワーをいただくのである。なんかの宗教に入信してしまったようで若干気恥ずかしいが、まあやって損はないだろう。

神様が寂しい!?とつぶやいた金運にご利益がある荒胡子神社


厳島神社の裏側、おみやげ横丁近くにある荒胡子(あらえびす)神社

こちらも普通に観光していれば絶対にまわることはない。しかしこうして参っているのはばあさんのこの言葉が衝撃だったからだ。

「東京に住んでいるあたしの娘が、どうやら”見える”人と宮島にやってきたんだけれどもねえ。その”見える”人いわく、この神社の神様は人が滅多に参らないから寂しいわーとつぶやいていたんだってさ。だからその神社に行ったらすんなりとお願い事が聞いてもらえるかもね」

なーにー!?やっちまったなあ。ここは黙って参るべきでしょ!と心の中でクールポコのギャグを再現してしまうほどに、おいしい話である。

しかし人が参らないだけあって、観光目印も全くない。仕方がなくネットでその神社の場所と姿形を検索するとようやく発見。Googleマップにもその所在を明かしていないほど知名度は低い。厳島神社の後ろにあったのだが、これは地味すぎてみんながスルーするのも納得。

とりあえず寂しいとぼやく神様に喜んでいただければという一心で参る。田舎の祖父母の家に遊びにいくライトな感覚で、「神様やってきたよー」と。金運はまあできればでいいですという程度におさえて。

昭和天皇も参拝した天空の神社、御山神社


訪れたものにしかわからない天空感ただよう神社

こちらは偶然発見した神社。おみくじばあさんのおすすめではない。きっと桃太郎ばあさんだからここまでやってくる体力の余裕はないのかもしれない。とすれば、体力のある若者限定で訪れることのできる神社だ。

弥山の山奥にあり、神社までの道もあまり舗装されておらずスルー確実な神社である。前述したように一票でも多くの有権者という名の神様のハートをつかむのが目的なので、神社あらば必ず参る。

観光客であふれる宮島によもやこんな場所があったとは。断崖絶壁に位置するギリギリの神社からの景色はまるで、シータとパズーが天空の城ラピュタに上陸した時のよう。あれ?竜の巣を乗り越えたら穏やかな天空の空気に包まれているぞ。これぞ天空の神社といっても過言ではない。

そんなひとけのない神社ではあるが、皇太子殿下(昭和天皇)が参拝したという石碑が建てられており、天皇というネームバリューに底上げされて、そこそこご利益があるのだろうということをうかがわせる。

いやむしろこの場合は、こんだけ苦労して参拝したんだから何かごほうびが欲しい・・・と無意識に感じる人間の承認欲求を「天皇」という神々しい名を持って満たしているだけなのかもしれない。天皇も参拝した価値ある神社に自分は参っているのだと。

しかしご利益よりもこの景色は、厳島神社の鳥居と比べても遜色のないぐらい圧巻だ。宮島観光局すらもおすすめするのを忘れている。

この「天空感」は感覚なので実際にいった者にしか分からないだろう。

おみくじばあさんは、ひとしきりこれらのスポットを案内した後、

「あたしはここの天神社でいつもおみくじをじっくり読むんだよ」

といって聞いてもいないのに、おひとりさまのおみくじの楽しみ方を披露する。運がよければあなたも宮島でおみくじばあさんに出会えるかもしれない。