タグ別アーカイブ: ドバイ観光

ドバイで人気&おすすめのB級グルメレストラン

ドバイといえば、高級、金持ちなイメージ。その分、どこへ行っても高いのでしょう?と思う人が多い。それは確かに本当だが、最近気づいたのは、高くても必ずしも質がともなわない、値段だけ高い悪質店(私が勝手にそう呼んでいる)も紛れ込んでいるのも事実である。
続きを読む

トランジットでまわれるドバイ観光スポット&過ごし方

ヨーロッパやアフリカの乗り継ぎで訪れる人も多いドバイ。ぶっちゃけいうと、ドバイはトランジットの数時間でも十分有名スポットをおさえた観光ができるようになっている。今回は、数時間のトランジットでもまわれるおすすめ観光スポットを紹介したい。
続きを読む

個室一蘭ラーメンを上回る?お一人様大歓迎!完全個室制のイエメン料理屋

ドバイ高級店の立て続くトラウマにより、行動地区を安心のデイラ地区に移行。欧米人はほとんど皆無で、フィリピーノ、パキ、インド人、時々中国人などこれぞ町!というような雑多な雰囲気が漂う場所で、アラブ人ばかりでビル街ばかり歩いてきた私としては、ちょっとした異国にやってきたようで、なんとなく落ち着く。
続きを読む

ドバイの新観光名所?ジュース・ワールドがすごい

ドバイモールが観光スポットになるのなら、ここ「ジュース・ワールド」もそれなりの観光スポットとして認定してよいのではないかと思う。60種類近くあるフレッシュジュースがお手頃な値段で楽しめるだけとあって、週末の夜はものすごい人で賑わっている。
続きを読む

水上ボートでしか行けない!?ドバイの高級タイ料理屋「パイ・タイ」

人が来ると見栄を張ってしまう、ドバイ見栄晴です。日本からわざわざやってきてくれた友人をもてなしたいという必死の思いで、マディナ・ジュメイラにある人気バーに行ったものの、肝心の料理がイマイチだったためドリンクだけで済ませ、彷徨った末にたどり着いたのが、「パイ・タイ」という高級タイ料理だった。
続きを読む

費用を抑えた格安ドバイ旅行のコツ

なんだかんだド高くつくとクレームがバックパッカー旅行者の中で多いドバイ。旅人ブログを見ても、高い!という人から安い!という人まで実に様々。意見の分かれ目はどこなのか、そんなドバイを最低限の費用でおさえるためのポイントをお伝えしたい。
続きを読む

7つ星ホテル「バージュ・アル・アラブ」で朝食を

なんて、いかにも「ティファニーで朝食を」みたいなおされなタイトルになってしまったが、本気でバージュ・アル・アラブを楽しみたいと思っている人は、この先を読むことをおすすめしない。なぜならこれは「バージュ・アル・アラブ」に行ってみたくなる記事ではなく、なあ〜んだそんなもんかい、と思うがっかり記事だからである。
続きを読む

おしゃれなカフェスポット、ドバイのバスタキヤ地区

ドバイのデイラ、バールドバイ地区といえばゴールドスークや渡し船といった観光スポットが有名だが、もしスークを見に行く場合にはぜひおさえておきたいのが、バスタキヤ地区である。バスタキヤ地区やスパイススークから渡し船で対岸に渡り、テキスタイルスークを抜けた先にあるドバイの古い建物を改築してアートと伝統を融合させたおしゃれスポットなのだ。
続きを読む

古き良きアラブを体感!ドバイスークの賢くまわるポイント

ゴージャスなイメージとは裏腹に、ドバイには古き良きアラブを体験できる場所がある。それがスークと呼ばれる市場が集まるデイラ(Deira)とバール・ドバイ(Bur Dubai)とよばれる地区だ。豪華なドバイもいいけど、アラブっぽいものを見たいという人にはおすすめのスークと行き方をご紹介。
続きを読む

ドバイの言語は?英語は通じるの?

イスラム教の国、アラブ首長国連邦にあるドバイ。アラビア語が主流で英語が通じないと思われるかもしれないが、実は英語の方が広く使われている。ドバイの人口から考えると、外国人が80%なのでそうした彼らがコミュニケーションをとるために英語が一番広く使われている。
続きを読む

ドバイでの女性の服装についてアドバイス

なんやかんやいって世界中からパーティーピーポーが集まりそうな、ゴージャスなイメージのドバイ。しかし国としては、イスラム教の国でもある。ドバイのイメージとイスラム教国家としての実態。ギャップがありすぎて何を着ていったらいいのだろう?という女性の方に服装のアドバイスを。

続きを読む