何をこじらせたらこうなる?パキスタンからソマリアまで妄想旅行

祝日が少ないUAEに巡ってきた1年の中でも大チャンス!それが連休である。日本だったらそんなもん毎月のようにあるので、ありがたみがわからない。しかし祝日が少ない国にやってくると、まあ祝日が嬉しくて嬉しくてしょうがない。


ということで1週間連続で休みが取れそうなので、ここぞとばかりに週末旅行では収まりきれない場所へいこうと、はりきって旅行計画を立てる。近くの中東諸国は週末旅行で行けばOK!ということで、とりあえず中東は外す。そこで以前から気になっていたパキスタンとやらに行ってみたい!ということでさっそくツアー会社を探してコンタクト。

途中まではうまくコンタクトも取れていたのだが、1ヶ月切ってパキスタンはビザ申請がめんどいことが発覚。どうやらこの調子じゃ間に合いそうにもないし、ツアー会社の拙い感じにもちょっとイライラしてきた。そこで悪いことは重なる。会社のパキスタン人に「今度パキスタン行くんだけど?」みたいな話をしていたら、「冬はめっちゃ寒いからやめといたほうがええで」。

もうチケット取っちゃったんですけど・・・どないすれば・・・?

数秒考えて、寒いのは嫌だ。よしパキスタン旅行は春にしよう、と予定変更。

それからがまあ大変。特にここ!というところがなかったので手当たり次第良さげなところを探してみる。次に調べたのは、アフリカ。すでに連休まで1ヶ月切っていることと、パキスタンビザのトラウマにより、ビザがないところを手当たり次第見てみる。するとあがってきたのが、南アフリカ、ナミビア、ボツワナ、スワジランド等々。

まああの辺なら週末に行けないし、ちょうどいいかと思いさっそくナミビア&ボツワナのツアー会社にコンタクト。しかしアフリカをなめていたことでバチが当たり、1週間でぼっち旅行じゃ予定に見合うツアーがねえよ、ということに。アフリカは広大すぎるので都市や国の移動にものすごく時間がかかるらしい。しかもだいたいツアーはサファリ旅行なので、これなら年とってもできるな、ということで却下。

旅行先がみつからねーといういことで、切り札としてとっておいたエチオピアの僻地、世界の中でもっとも過酷な場所と呼ばれているダナキル砂漠(通称ナメック星)じゃ!ということでお気に入りのツアー会社に連絡をとってみるものの、兵士4人フル装備で雇わなきゃいけないから7日で40万と言われる。なぜかその時は焦っていたのか、金額は関係ねえ!ついでにソマリア旅行もつけちゃえ!ということで見積もりを依頼。そしたらこちらは48時間で10万とのこと。まるでギャンブルで負けてるのに、勝てるかもと思ってもっと金をつぎ込んでしまう人の精神状態。

ソマリア情勢を調べたり、48時間のソマリア旅行を頭の中でシミュレーションしてみるものの、ちょっと場所が場所なだけに踏ん切りがいまいちつかない。勢いで言ってみたもののやはりソマリア旅行はまだ早い。そして1ヶ月後の帰国を考えるとちょっと時期尚早かなということで、数日考えてやめる。

途方に暮れて、よしこうなったらちょっと寒いがイランだ!しかもビザ取りは結構ムズイらしく、面倒とのこと。女一人だと厳しい、ツアー会社の手配がないと無理、という話を聞いていたが調べてみると意外と空港でビザとれたよん♪みたいな記事があったので、まあここまできたらいちかばちかでやってみるか。ということでイラン旅行確定。

何事も確固たるものがないと嫌な性分なのだが、まあ人生たまには何が起こるかわからないものに身を任せてみるのもよいだろう、ということでやってみることに。まあドバイから2時間ちょっとだし、そんなに航空券代も高くないから、というローリスクの状態だからこそ挑めるのかもしれない。ビザがとれず入国拒否された場合に備えて、アブダビ旅行をするプランBも作成。よし準備万端。

ということで、パキスタン>ナミビア>ボツワナ>スワジランド>南アフリカ>レソト>エチオピア>ソマリア>イランと軽く妄想で世界を半周してしまった。どこにでも行けるという選択肢の多さはやっぱり人を優柔不断にしてしまうようだ。ということでイラン入国が確定したわけではないが、とりあえず行ってみることとしよう。インシャアッラー(神が望むなら)。