お金を稼ぎつつ働きながら世界を旅をする方法

昔から仕事をしながら旅をするということにあこがれていた。いつかは、そんな仕事がしてみたいと思いつつ、ここドバイにてまさかその夢が半分かないつつある。ドバイに来た理由は、ビザが取りやすい、ネットや広告系の仕事が中東でずばぬけて多いというのが一番の理由であって、必ずしも好んでドバイにきたかった訳ではない。一度旅行で訪れたが、まあつまらん国だな、というのがその時の印象だ。しかしここにきてちょっとその印象が変わった。
それはドバイに住むことの1つの利点。唯一といっても過言ではないが・・・旅行のしやすさである。エミレーツがあるからではない(ちなみにエミレーツは以外と高い。個人的には同じサービスレベルのカタール航空の方がお手ごろで好きだ)。

それは地理的な特徴とドバイならではの人口構成によるためだ。日本からヨーロッパ、アフリカ、中東なんかにいこうと思えば、だいたい往復の航空券で10万以上はするし、飛行時間もかかるためかなりの日数を要する。主要都市ではなく、中央アジアなどマイナーな都市になると、旅費、時間ともにかなりかかるため難易度はさらに増す。


しかしドバイからだと、中東アジアをはじめ、アフガニスタン、パキスタン、ケニア、ソマリランド、南インドなど日本からは金と日数の関係でなかなか手が出せない国も、2分の1から3分の1の旅費でいけるのだ。しかも飛行時間はだいたい4~5時間なので、3泊ぐらいあればたいがいの国はいけてしまうという手軽さ。ちなみに週末旅行程度であれば、隣国のオマーンやカタール、クウェートなどにもちゃっちゃといけてしまう。

ということで有給を毎月1,2日とれば毎月!気軽に周辺国へと旅ができてしまうのだ。これは旅好きにとっては嬉しい点で、ドバイに住む1つの特典といえよう。さらにドバイの給料水準はそこそこ高いのでまあそこそこの給料がもらえる。

特に世界一周するために仕事を辞める勇気もなければ、そんなに長く旅をする気力もない。がちまちま旅行するのは好きだ、という私にぴったりなプランである。働きながら旅をしたい、と思う人にはぜひおすすめしたいプランである。ちなみに週末旅行程度であれば、隣国のオマーンやカタール、クウェートなどにもちゃっちゃといけてしまう。

そして地理的な特徴に加え、ドバイの人口構成。周辺国からの移民が多いため、たいがい行きたい国出身の人がオフィスにいたりする。パキスタンや南インドなど情報が少なくてよく分からない場所でも、ローカルの人に聞けばおすすめの観光スポット、行くべき時期などかなりの情報を手に入れられる。パキスタンなんかはロンリープラネットでさえも公式情報を出していないぐらいなので、ローカルの人の情報はかなり役立つ。

というわけでしばらくはドバイを拠点にして周辺国を旅することに努めようと思うが、数年後はドバイを離れて本格的に移動しながら旅もしてみたいものである。