シェイク・ザイード・グランドモスクを観光してみたら

エミレーツパレスでおなかいっぱいになったが、やはりアブダビ観光といえば世界で8番目に大きいといわれる、シェイクザイードグランドモスクは外せないらしい。

sheikh-zayed-grand-mosque-abu-6890


入館時間、服装に要注意

しかしこのグランドモスク。結構手強いので要注意。下記をおさえていないとせっかくやってきたのに入れなかったという思いをする。

1.服装に厳しいため女性はアバヤをかりる必要がある

2009-01-27 09.22.39

基本男女ともに肌が出ているとNG。ちなみにセレナゴメスやリアーナがモスクでとった写真が物議を醸していたという。というかそんな大物もやってきていたとは・・・

article-2467811-18D962B600000578-292_634x500
ヌーブラヤッホーの人?リアーナです。

Selena-Gomez-visits-Abu-Dhabis-Sheikh-Zayed-Grand-Mosque
アバヤをチャイナドレス化させるセレナゴメス。足のチラ見せがNGだったよう。

2.手持ちのアバヤ、スカーフがあればそれを持っていくべき

3.アバヤを借りる際には、運転免許(パスポートは不可)が必要

4.金曜日は開館時間が違うため要注意
金曜の午前中に一度行ったが空いていなかったため翌日の土曜日に再度来訪した。

下記は公式サイトからの情報。
開館時間:
9時〜22時(土曜から木曜)
4時半〜10時(金曜日)

公式サイト:
http://www.szgmc.ae/en/
ツアー情報も載っているので要チェック。

http://www.szgmc.ae/en/

ちなみにグーグルで「Sheikh Zayed Mosque」と調べるとグーグルが混み具合まで教えてくれる。

Sheikh_Zayed_Mosque_-_Google_Search
金曜の混み具合。基本的に金曜のお祈りとイードの際に使われるのがメインのため、その他の日は比較的観光客が少ない。

一緒にいった友人は、運転免許を持っておらず、かつアバヤも持参していなかったため、グランドモスクにいったものの入れない、ということになった。そのため偶然アバヤを持参していた私のみがいくことに。このアバヤはソマリランドに行くときに、ドバイ空港ターミナル2で買ったものである。こんなときに役立つとは。やはりイスラム教の国を旅行する際には、ブルカとスカーフは便利アイテムである。

ホグワーツの生徒で溢れるモスク

昔はしっかりとしたものをつかっていたらしいが、近年観光客が多くなってきて、ブルカの作りも簡素になっているらしい。どうりでハリーポッターにでてきそうな、ホグワーツの生徒であふれているわけだ。

2009-01-27 09.41.10
モスクを観光するホグワーツの生徒たち。

グランドモスクの美しさよりも、ハリーポッター風の観光客のアバヤの着こなしのおかしさに目がいってしまい、あまりモスクの美しさに集中できなくなった。もはやモスクではなくホグワーツ魔法学校である。

確かに建物はすごいのだが、正直いうと「ふーん」というレベル。まあその他のドバイの建物と同様、金に物をいわせてゴージャスなものをつくったものの、なんか歴史というか文化みたいなものを感じない。観光客であふれているせいもあるかもしれないが。

2009-01-27 09.44.20
世界で一番大きいシャンデリア。若干クリスマスカラーなのが気になる。

例えるならば叶姉妹だろうか。確かにゴージャスできれいだけどもなんか人間味がないというか。落ち着かない。エルサレムのアル・アクサモスクやイスラエル、パレスチナで数々の歴史的モスク、シナゴーグ、教会を見てきた人間としては、なんとなく違和感を感じる。というわけで調べてみると2007年にオープンしたということで、比較的新しい。現代モスクと呼ぶべきだろうか。

モスクに隣接するおしゃれなカフェ

モスク近くにおしゃれなカフェがあるということでいってみるとこれまた表参道にありそうなしゃれおつなカフェである。アイスつきのラズベリージュースが普通に頼めるなんて、なんとも現代的でやっぱり違和感がある。

&MaxW=640&imageVersion=default&AR-150629716

というわけで豪華できれいなモスクを見に行くという意味ではとてもよい観光地だと思う。ただ歴史や文化が好きな人にとってはちょっと物足りないかもしれない。