まだ気づいてないの?日本はクールじゃない。変な国だよ

ある日仕事をしているといきなり元マッキンゼーで会社の共同設立社がやってきた。ベルギー出身既婚者である。


なぜこの話になったのかは覚えていないが、日本に行った時に標識の多さにびっくりし、自分は一体何がなんだかわからなかったが日本人はそれをきちんと認識している。まるでエイリアンが突然やってきて作り上げた変な国だとのたまわった。

変な国など思うならなぜその変な国から私のような変人をやとったのかが謎である。

さらに、かつて一緒に働いていた女性の同僚が夫の転勤のため、いやでもついていくしかない・・といった話をして、日本の女性は従順すぎる、夫のいうことにはいやな時でも従うて・・・どうかしてるぜ!のたまわれた。

それを日本人の私の前でいうのもどうかしてるぜ!と思ったが。

さらに日本へいく予定のイラン人にも言わせれば、日本は「変の骨頂」であるとのたまう。そんな変な国にわざわざ高い金を払っていく気もしれないが・・・

自分も確かに彼らがいうことはよく分かる。日本にいる時から、日本はどこか変なルールがあるということに気づき始めていたので、就活レールからも外れたし、国内企業ではなく外資企業を選んだ。そしてかつ日本に来る外人を変人呼ばわりしていた。変な国に金を払ってくる物好きなのだから変人である。

一方でテレビをつければクールジャパン礼賛番組があふれている。いかに日本はクールで、技術は他の国よりも優れているか。そしてそんなクールな文化が外人に好かれているぜい、ということも。まあ自分たちからみればそうだし、テレビは見て心地よいものしか流さないのでしょうがないが。そんな風潮にばかりつかっていると物事が多角的に見れなくなるので注意しなければならない。

というわけで、「クール」は自分たちの見方であって、世界にはやっぱり変な国だと思っている人もいるわけだ。