英語ができなくても海外で働ける?海外で働くリーマンが思うこと

ドバイのしがないリーマンとして思うことがある。どうも最近やたらと「海外就職を希望しているんですが、どうしたらいいでしょう?」といった旨のお問い合わせが届く。まさかドバイのしがないリーマンにこんなお便りをよこす人がいるとは思っていなかったので正直驚きである。

彼らが感じている海外への気持ちの高ぶりや状況は私もかつて体験したものだったので、少なからず気持ちはわかる。けれどもそのお問い合わせの鱗片に、どこか日本という現実や日本の就活から逃避して海外へ行きたい、といった意図が見え隠れするように思う。


もちろん言葉としては、強く海外で働きたい、というものに代替されているんだけども。確固たる確信ではないが、どこか日本の就活がうまくいかないから、海外だったらなんとなくうまくいくだろう、といったような楽観的思考に基づいているようでもある。

仕事を得るという意味でいえば、ノンスキルで新卒をわざわざ囲い込んで雇ってくれる企業が多い日本の方が圧倒的に楽だと思う。海外はその辺はシビアで実力主義。必要とされる経験もスキルもなければ、あなたを雇う理由はない。逆にいえば経験とスキルがあれば、より広い選択肢を持ってキャリアを積んでいける。

英語が出来なくたって、誰だって海外でかんたんに働ける。海外就職のハードルを下げる論調が海外就職研究家を名乗る人や書籍を通じて広まっているように思う。海外就職をビジネスとしてとらえるならば、海外就職をしたいという顧客をとりこむのに、そうした海外就職のハードル下げはいちやく買うだろう。なんてったってスキルも経験もないあなたが、海外でキラキラ働いてすごい人間になれるんですよ、みたいなことを売り出してくるわけだから。

それは日系企業が多く進出しており、そこそこの在留邦人がおり日本人向けサービスビジネスが成り立つ国であれば仕事を得るのはそれほど難しくないだろう。仕事の相手は日本人なのだから、英語や現地語は必ずしも必要ない。

英語ができなくても海外で働ける。それは日本人向けサービスに従事することや、日本企業相手にビジネスをすることを暗に意味しているわけだから、完全に日本と断ち切られたところで仕事、生活をすることにはならない。

また英語のスキルなしで働くにしても、結局は日本人が多い国のみに限定されてしまいがちだ。物理的には海外にいて、「グローバル」な仕事をしているように見えるけども、それが本当に海外就職をしたいと思う人が考える「グローバル」なのだろうか。それとも日本人に囲まれ日本人相手の仕事をしていても、物理的に「海外」で働いていれば、それは「グローバル」だという定義を持つ人々が多いのだろうか。

何をもって「グローバル」というかはあいまいである。とにかく海外に関連していればグローバルというなんとも単一民族国家の島国発想が抜け切れていない。そんなふわっとした言葉に踊らされていないだろうか。

「英語ができなくても海外で働ける」は、ある意味で自分の可能性を狭めているように思える。別にできなくてもいいが、できるともっと自分が活躍できるチャンスや視野は広がる。その機会を得ずして、ただ単に英語ができなくてもいいんだ、という状態にとどまることはできれば避けたい。

我々島国の人間からすれば海外で働くというのは、一般的ではないからごく一部の人がやっている特別なこととして語られる。経済的にも発展してモノが簡単に手に入る便利な島国から、外へ出るのはやや腰が重い。それにわれわれの文化もずいぶん外界とは異なる。

けれどもそこに日本でキャリアアップのために転職するやつが、1つのキャリアアップの方法として海外の会社を選ぶことだってあっていいんじゃないかと思う。

日本と海外。地理的、文化的に言えばまったく異なる環境のもとで働くわけだけども、個人的には別に海外だろうが日本だろうが、仕事をするという意味で言えば、さして大きな違いはないと思う。キャリアアップするために必要な会社が日本にあるか海外にあるかだけの話で、土地は後付けにしかならない。

むしろ海外就職(そもそもこうした言葉が存在することが腑に落ちないのだが)は普通のリーマンが持つ1つの選択肢であっていいはずだ。キャリアアップを目指す際に、たまたま海外という選択肢があったというぐらいでいい。

海外起業や日本の文化を広めるためといった自称文化大使といったエキセントリックな道だけが海外で働くすべてではない。むしろそういう人の活躍の方が声が大きく、それが海外就職の中心のように見えてしまうのだけれども。海外にいけば、ニートでもおちこぼれでもスターになれる?そんな一発逆転のストーリーだけで語られる海外就職は、どこか腑に落ちない。

普通のリーマンとして、海外で働くというやり方ももっと一般的になっていいはずだ。私がすすめたいのは、海外就職は、海外起業とか国際援助、ニートから海外へなんておおげさなもんじゃない。普通にサラリーマンを海外の会社でやるという方向性だって大いにアリだと思う。それぐらい世界はもっと普遍的なのだから。