日本の就活を切り捨てる勇気を持て!新卒で海外就職を実現するための戦略

これは華々しく新卒で海外就職した人間による、華麗なる体験談ではない。私自身は日本で数年働いて海外に出た身である。もしも本当に新卒で海外就職を実現させた人の体験談が知りたければ、ネットで検索すればいくらかヒットすると思うのでそちらを参考にしていただきたい。

数年は日本で働いていたとはいえ、海外で働くための下準備は、新卒時代から行ってきた。物理的には日本にいるのだけれども、それでも自民党を離脱して独自の政党を作ってしまう議員のように、自分ながらに海外で働くための理念を打ち立て行動し、今に至るわけである。


その体験をもとに、どうやって新卒で海外就職をするか、というよりも海外就職をするためにどのように考えて行動すべきなのか、という考え方をお伝えできればと思う。

新卒で海外就職が難しいと言われるのはなぜか?

留学や旅行で海外で刺激を受け、そのままなだれ込むように海外就職をして海外に舞い戻りたい。そんな就活を目前に控えている学生たちが、「新卒 海外就職」といったキーワードで求人を検索するものの、いまいちパッとするような情報がヒットしない。

こうした情報を探す時には、おそらく就活同様に新卒採用をしてくれる会社や求人を目的に探しているのだろうと思う。しかし日本企業の新卒採用求人があふれているのに対し、海外での新卒向け求人案件というのは数える程しかない。その落差ゆえに新卒で海外で働くのは、難しいという結論に至りがちだ。

確かに海外にある日系企業、もしくは現地の日系人を対象としたサービスを提供する会社でない限り、新卒で雇われのリーマン職を見つけるのは難しい。なぜなら海外と日本ではまったく就職の前提条件が異なるからだ。

簡単に言えば、大学生であることそれ自体で応募要件を満たせるのが日本の新卒採用なのに対し、海外においては新卒だろうが中途だろうが経験とスキル、そして大学の専攻で採用されるのが一般的である。未経験の新卒を一から丁寧に教育して、立派な仕事人に育てるという文化は日本特有だ。

逆に言えば、海外では大学生だから既卒生だからというしばりはなく、すべては個人がもっている経験値や技量に左右されるのである。海外には、大学生であることだけで採用してくれる企業や求人案件は存在しないのである。だから新卒採用などと検索しても求人案件がヒットしないのは当然のことである。

日本人が海外で働く仕事のパターンとは?

キャリアコンサルタントの大石啓之氏と海外研究家として有名な森山たつを氏共著の「普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド」によると、日本人が海外で会社に雇われて働く場合、大まかに3つのパターンがあるという。

グローバルジョブ:国籍関係なしに成果を求められる仕事
専門分野で突出した能力を持ち、国籍関係なしに雇われ、成果を求められる仕事です。職務内容は、現地法人の経営、金融のトレーディング、プロジェクト・マネジメントなど多岐にわたっていますが、いずれも高い能力を求められるのが特徴です。語学力も、最低限ビジネスで使えるレベルの英語が求められることがほとんです。報酬は一般的に高いことが多く、日本円換算で年俸1000万円以上になることもざらです。

グローカルジョブ:日本人メリットを生かす、海外で日本人を相手にする仕事
日本語および日本のビジネス習慣を生かし、主に日系企業内部および日系企業相手に業務を行う仕事です。職務内容は、日経企業への営業や日経企業内部でのプロジェクト・マネジメントなどの仕事が多いです。報酬は、月給12万円程度から50万円以上までさまざまです。

日本語ジョブ:海外で、日本人相手の業務だけを行う仕事
コールセンターで電話をとって顧客対応する仕事や、日本語でのデータ入力、伝表処理など、定型化された仕事が多いです。語学力は、日本語以外は一切求められません。業務は日本人マネージャーから指示を受け、顧客は日本人です。社内の共通語も日本語であり、日本語が話せない人との接点はほとんどありません。報酬は、月額5万~10万円程度です。

大石啓之、森山たつを共著「普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド」より

これを新卒のケースにあてはめていくとどうなるか。スキル、経験のない新卒にとっては、日本語ジョブがもっとも求められる条件が少なく新卒として海外に行くには一番手っ取り早い手段のように見える。けれども簡単だからといって、日本語ジョブに飛びつく前に以下を考えてみてほしい。

同著でも例にあげているが、日本語ジョブを代表する際によくあげられるのが、日本のPC修理などに関する問い合わせのコールセンターで働く仕事だ。下記は実際に中国の大連のコールセンターで、働く日本人の若者を紹介したドキュメントだ。

若者たちはなぜ海外に駆り立てられるのか。加速する日本の若者たちのの「日本離れ」を追った作品、というのが公式の紹介文である。

一方で作品を見ると日本語がペラペラでガツガツ昇進していきたいという意欲あふれる現地の中国人の若者と対照的に、現地に何年もいるのに簡単な中国語すらままらない、行き先が見えず海外で沈みゆく日本人の若者を半ば皮肉を込めて描いているようにもみえる。

そう、いくら高いスキルが問われず誰もが簡単に海外で働けるとはいえ、その先が見えないのだ。日本語のコールセンタースキルでは、日本でやるバイトと変わらない。海外に住めるけども、仕事へのやりがいは少ない。だからその先、給料を上げていく、キャリアアップするための転職につながらないのだ。

そのことを踏まえて、海外就職をするならばぜひグローバルジョブやグローカルジョブを検討することをおすすめしたい。また先ほど紹介した「普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド」は、題名こそすでに会社で働いている人向けに書かれているが、国によってどのような仕事のニーズがあるのか、どのように海外でキャリアを積んでいくべきなのかといったことが事細かく書かれているので、新卒の学生が読んでも非常に役立つ一冊だ。

普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド
大石 哲之 森山 たつを
東洋経済新報社
売り上げランキング: 277,658

 

最短で新卒の海外就職を実現するには?

では、グローバルジョブやグローカルジョブを新卒で獲得するにはどうするべきか。特にグローカルジョブに関しては、日本の会社で2~3年働いた方が、日本式のビジネスマナーや仕事のやり方が身につくからと社会人から諌められるかもしれない。

それも正しい。グローカルジョブを念頭におくなら、日本で数年働いても決して損はない。けれどもどうしても海外にすぐに出たいというのであれば、それなりの経験やスキルをまずは身につける必要がある。

運良く新卒で経験なくして、グローカルジョブを獲得する可能性もなくはないと思うが、確実かつ有効な方法としてはインターンをおすすめしたい。私が新卒の時、海外就職をめざして読みあさっていたのが、海外の学生はいかにして就職し、キャリアアップをするのかといった記事だった。

その中で、インターンというのが学生にとっては、会社で必要とされる経験やスキルを得るための有効な手段だと一般論として書かれていたのである。

私の周りには海外就職なんて考えている人はおらず、就活生には必須のSPIなんぞという筆記試験などもがん無視して、海外のキャリア論なんて読み込んでいたので、これで大丈夫なのだろうかという心配は常につきまとった。まわりが一生懸命に日本流の就活を行うのに対し、それに背き独自の理念のもとたんたんと海外就職をつきつめる孤独につぶされそうになる日々だった。けれども今ではそれで正解だったのだと、ようやく安堵できている。

インターンといってもさまざまにある。海外から「インターンシップ」という言葉だけを借りて、内実は海外のそれとまったく異なるものもあるのでご注意を。具体的にどのようなものかというと、学生を取り込むための職業体験のような1、2日程度のイベントのことである。

海外就職に必要なインターンというのは、あくまでも長期で正社員と同様の仕事をまかせてもらえるものだ。そこで、大企業や有名企業といった会社の規模や知名度で判断することはおすすめしない。

大企業すぎると、規模がでかすぎて実践としての経験を積むための仕事をまかしてもらえなかったりする。だから私のおすすめはそこそこの規模の会社(従業員数100人程度)が、人も少なくその分学生でも与えられる役割が大きいため、得られるものが大きいと考えている。

グローバルジョブとグローカルジョブで異なる戦略

同じ海外就職であっても、グローバルジョブとグローカルジョブではやや事情が異なる。またそれによって、方向性も少し異なってくるだろう。

グローカルジョブでは、東南アジアやアメリカ、イギリスなどの比較的日系企業が多く進出している地域では非常にニーズがある。また、日本人ということが他の人種と差別化をはかれる要因にもなるので、チャンスは多いと思う。

一方でグローバルジョブは、日本人ということを関係なしにスキルや経験のみで戦うので、より競合が多くなる。簡単に言えば、世界の人々が競合になるということである。日系企業が多い国に限定されることなく、職種のニーズに応じてより広い範囲での就職先の国の選択が可能だろう。ただ、スキルがあっても自国民優先といった方針の国もあるので、一概にスキルさえあればどんな国で働けるわけでもない。

後述するインターンの選び方においても、グローバルジョブは自分が戦いやすい職種を選び、経験やスキル重視のインターンを選ぶ必要がある。

それに対しグローカルジョブは、ある程度日本との結びつきを視野に入れた仕事を考慮する必要がある。もちろんその上で経験やスキルは重要になるが、グローカルジョブ人材に求められるのはあくまで日本とビジネスをする際に必要となる、日本と現地の調整をするマネージメント力などといったグローバルジョブでは必ずしも必要とされないスキルを持っていることが重視される。

ちなみに当時はこんな区分けも知らなかったし、単純に日本から遮断された場所で働きたいと思っていたので、結果的にはグローバルジョブを選ぶことになってしまった。それゆえ、インターンの選び方においてもグローバルジョブよりの体験談となっているのであしからず。

失敗しないインターン先の選び方

インターンをすれば、海外就職に必要な経験やスキルが得られるのかというと必ずしもそうではない。むしろこのインターン先選びが重要になる。なぜなら、そこで得た経験でもって次の海外就職につなげる必要があるからだ。

インターンに関して言えば、日本でも海外でも必要なスキルが得られるのであればどちらでもよいと思う。インターンから海外へ行けば、そのままインターン先で海外就職が実現することもあるだろう。私がインターンを見つける際に行ったのは、やみくもにインターン先を見つけるのではなく、ある職種に絞って横断的に募集要項を片っ端から見ていったということである。

実は私が新卒当時にやりたかったのは新聞社や報道といったメディア系の仕事である。しかし海外を考えた場合に、日本語でのアウトプットに依存する仕事では駐在員にならない限り海外にいけないだろうし、いけたとしても日系企業の文化ではある程度下積みを日本で行って・・・ということで20代前半で行くチャンスは望みが薄いと思っていた。実際ドバイにやってきて出会う駐在員はみな30代以上が主流である。

ということで、なくなく1番やりたかった職種を海外のためにあきらめ、次に自分がやりたいと思う仕事を探すことにした。そこで出会ったのがデジタル(ウェブ)マーケティングという仕事である。これは日本語に依存せずに、どの世界でも通用しそうな汎用性のある職種だと。

デジタルマーケティングというのは、ライン、ツイッターといったソーシャルメディアの広告運用も含め、いかにネット上で企業のゴール(売り上げをあげるとか、認知度を拡大するとか)を達成するかといったことに従事する仕事である。

当時はまだツイッターやフェイスブックがまだ世に広まり始めた頃だったので、おそらく30代、40代でこの職種ができる人は少ない=人材マーケットで競合が少ないから転職しやすい。そしてこれからソーシャルメディアが普及するにつれて、それらを扱う仕事も増えていきそう=仕事のニーズが多い、とふんで転職のしやすさと、仕事の需要拡大を見込みこの職種を選んだのが実際である。

もちろん転職のしやすさだけではなく、業界雑誌やサイトをくまなくチェックし自分が本当に興味があるのか、やりたいと思うのかも確認した上でだ。

この辺は、業界、企業研究といった意味では日本の就活をする学生と似た部分があるが、私が一番重視したのはいかに転職しやすい、仕事の需要があるかということだった。なぜなら、海外では転職をしながらキャリアアップをするのが一般的だということ知り、それならばいかに就職するかよりも、いかに転職をするかと考えた方が早いと思ったからである。

それからは、徹底的にビジネスマン向けソーシャルメディア、リンクトインで中途向けの募集要項を読み漁り、求人案件に掲載されているスキルや経験をリストアップしていった。これらが、今後自分が身につけなければいけないものなのだと。そのリストをもとにインターンシップの募集要項や職務内容と照らし合わせ、それと一致するインターン先を見つけるようにした。

しかし残念なのは、卒業までに日本の大学に通わなければいけないという物理的な縛りがあったため日本のインターンサイトしかチェックしていなかったことである。もしそのような規制がなければ、リンクトインで似たような職種のインターンを海外で見つけられたのにと少々後悔している。

ちなみに今ではWantedlyなる、従来の求人サイトとは一味違う形で中途、新卒者向けに求人案件を紹介するサイトがあるが、私の時代にはそうした便利で学生にも優しいインターンサイトはなかった。そのため実践型インターンを売りにするETICというサイトを利用し、私が唯一人生で働いた日系であり、ベンチャー企業であったガイアックスという会社でウェブマーケティングインターンをすることにしたのである。

ガイアックスの回し者ではないが、この会社は企業家精神あふれる人が多く、今ではユーチューバーでおなじみのマックスむらい氏も実はこの会社の卒業生なのである。学生へのインターンプログラムも積極的に展開しており、学生といった身分に関わらず、責任ある仕事がまかせてもらえる会社である。はじめはウェブマーケティングしか頭になかったのだが、こうしたベンチャー企業精神あふれる人々に囲まれ、非常にインターン生にとってはめぐまれた環境だったと思う。

もちろん長期インターンの特典として、そのまま正社員として採用してもいいよ、という話にはなったが、私としてはやはり日系だと海外が遠い・・・(ガイアックスは海外事業部もあるが、部署や職種が違うのであまり関わりがなかった)。海外に一歩でも近づくためには、外資系企業でデジタルマーケティングをやりたいと思い、それらしき企業を再び探すことにしたのである。時期は梅が花を開かせ、学生たちが卒業旅行で心色めき立つ春を目前にした頃だった。

話はそれてしまったが、以上の体験からインターンの職務内容に加えて2番目に大事だと思うのが会社選びだと思う。繰り返すが、会社の規模や知名度ではない。インターンをしたいという学生と短期でもいいから人が欲しく、安く人材を確保したいという会社のニーズが合致している以上、中には単に人出ほしさに都合のいいことを書いているような企業の求人も中には見られるからだ。

企業をチェックする際には、その企業の顔が見えるかどうかをチェックするのもいいだろう。サイトに掲載されている社内の写真や働いている人のインタビューを見ると、信用できるかうさんくさいかが大体わかる。グローバルな仕事環境!なんていっておきながら、紹介されている中の人がみな日本人では説得力がない。いい人材を確保したいがために、企業サイトというのはやや盛っている傾向があるのだ。また、風通しのいい会社ランキングをチェックしたり、転職サイトで実際に働いていた人の口コミをチェックするのも企業の文化を見極めるのに大いに役立つ。

ちなみに学生がランキングづけする学生が働きたい会社や、企業説明会の雰囲気はまったくあてにならない。働いたこともない学生が働きたいと思う会社なんて、全くもって単なるイメージでしかないし、無根拠もいいところである。企業説明会でも大体エース級の活躍して良いオーラが出ている人間をよんでくる(例外もある)ので、学生たちはその後ろにどれだけの多種多様な人間が働いているかなんて想像もできないだろう。

無償インターンに飛びつく前に考えたいこと

金はすべてではないけれども、特に無償インターンには注意した方がよいと思う。私の場合も大体週2~3でフルタイムで働き月収5万程度だった。バイトの方がまだもうかるだろう。けれどもスキルのない学生だからといって、下手に自分の時間を安売りしない方がいい。今思えば、5万円以上に将来につながる経験値を得ることができたため、まあ妥協はできるが。

夢だけをでかく見せてこの会社なら無償で働いてもいい、夢見る学生を取り込むパターンもあるだろう。実際に私も取り込まれた一人である。そこそこ当時話題になっていた海外からも注目されるスタートアップなる会社(数年前にYahooに買収された)でもインターンをしていたことがある。

ただ、あまりにスタートアップすぎて自分ですべて考えてやらなければならないという大変さや必要最低限の人間が集まっているため皆職種がバラバラで、同じ職種の先輩や同僚がおらず、仕事の質問ができないというのがやや難点ではあった。それはあくまでその職種で経験値を高める、という点においてではだけども。と同時に、自分にはあまり起業家スピリットがなく、あくまでしがないリーマンとして活躍したいのだなということにも気づいた。

海外でキャリアを積むなら海外にならえ

以上が海外就職を踏まえた方向性作りからインターン先を選ぶまでに私が考えて実践したことである。日本の就活プロセスにおいては、インターンは単なる就職前の職業体験のような位置づけではあるが、最短で海外就職にたどり着くためには必須とも呼べる。インターンを通じてある程度、自分が仕事において何を求めるのか、どんな環境で働くのが自分にあっているのかということも見えてくる。

就活をしながらおぼろげに、こんな仕事がやりたい、こんな企業文化の方がいいと薄っぺらに語るよりもインターンをして実践経験を積む方がより仕事に対して、より深みのあることを語れるようになる。そこでいかに就労経験なくして、就活をすることがリスキーであるかにも気づくはずだ。根拠のない仕事観を振りかざして、安定を求め大企業の仕事に食らいつこうとする学生はどこか軽薄でもある。

海外就職で成功したければ、まずは海外の一般論を学べ。これが就活なんぞという世界でも特殊な就職プロセスをもつ国から海外就職した私の学びである。