超豪華!7つ星ホテル「エミレーツパレス」体験

5つ星でさえ泊まったことない平凡女子がなんとひょんなことから7つ星ホテルに泊まることができた。7つ星ということで庶民の私は、ちびまる子ちゃんが初めてフレンチレストランに連れて行ってもらった時ぐらいの意気込みで、ありったけのおしゃれをして7つ星ホテルに泊まる人ですよー感を出しつつ家を出発。


しかし!ドバイからアブダビ間のバスを待つために40度近く灼熱の下に30分もいたため、化粧はくずれ汗だくのただの臭い人間になってしまった。あーあ、しょっぱなから台無しじゃ。とはいえ気をとりなおし、アブダビからエミレーツパレスへ向かう。
私の写真だと7つ星感がうすかったため、他サイトから拝借。ちょっと行きたくなる感を醸し出す。


そしてホテルロビーに着いた瞬間、私は見てしまった。

ありったけのおしゃれ服を着て行ったのに、一目で同じブランドとわかる服をきた太ったおばさんをみてしまった。ガーン!同じ服でなかったのが幸いだが、出鼻をくじかれた気分である。

さて。2回目の気をとりなおし、ロビーにて受付をする。すると中にはおしゃれーなアラブ風チャイナ服?をきたお姉さんたちがいる。

20150925_123022
高貴な感じがする受付嬢

そしてロビーの向かいには、コーヒーやら水が用意してあり、冷たい飲み物でやってきたものを迎え入れてくれた。ちなみに私が飲んだのはアサイージュース。

20150925_122706

そして受付をしていると、なんとミニブーケをプレゼントしてくれた。おお!これがウェルカムフラワーか!

 

パレスで水戸黄門ごっこ

部屋は2時からあくということで少々時間がある。その間館内をうろつくことに。その間ホテルの宿泊者であることを証明するために、このコインのようなカードを持っていけと言われた。まーそんな怪しいものじゃないし。と思っていたが、結構セキュリティが厳しいのか非宿泊者がやってくることが多いのか、とにかく出会う人ごとに「宿泊者か」と聞かれる。その度に、この紋所が見えんか!と言わんばかりにあのコインを見せる。まるで水戸黄門状態である。

20150925_212251
部屋のカードでもあるパレスの紋所

ちょっとした水戸黄門ごっこを終え、レセプションに戻ると案内人が部屋まで連れて行ってくれると思う。しかし!その案内人はアラブ人オネエだったのだ!例えると山咲トオルちゃんを少々アラブ風に濃くした感じである。

edc6d8d9da6d6f22c9236b19ed476a10
まさかアラブ風のトオルちゃんがパレスにいるとは

まつげは私の2倍ほどありめちゃくちゃ目がぱっちり。そして言葉使いもちょっとオネエ。初めて外人のオネエに遭遇した瞬間だった。なんともかわいいマスコット的な存在である。

しかし世界一横に長いホテル(縦に長いのはドバイにある)として有名らしいのだが、確かに長い、そしてでかい。なんだか巨大なミュージアムを歩いているようである。それもそのはず。建物は端から端までは約1kmもあり、アブダビの威信をかけて約30億ドルをかけてつくられたホテルなのだから。迷子になるのに10分もかからない。

20150925_202957
タイタニックごっこができそうな雰囲気

部屋の様子は?

これは部屋によると思う。正直なところ部屋自体にあまり7つ星っぽさはなかったのだが、7つ星っぽいといえば、部屋のハイテクさである。なんとiPadを通じて、電気の暗さ、空調が調整できる。そしてテレビとつながっているため、iPadでみたいテレビ番組、映画、音楽を選定してみることも可能だ。これは正直すごい!

20150925_205758
iPadの画面。ちなみにカード型の起こさないでください、などもここで指定できる

アメニティもかなり期待していたのだが、ブランド品の化粧水、化粧落とし等はなく通常のお品書きのアメニティだった。ただ金色の歯ブラシには驚いたが。
2009-01-26 11.23.27
意外と簡素なアメニティ

1杯、約2000円の金箔カプチーノ

エミレーツパレスのお楽しみといえば、やはりみんなが一度は試す、「金箔カプチーノ」だろうか。そのみんなにもれず、私も挑戦することに。そして気がちょっとおかしくなったのか金箔付きの高いケーキまで注文してみた。エミレーツパレスのカフェのケーキは本当にどれもおいしそうなのでカプチーノだけでなくケーキも試してみる価値あり。
2009-01-26 10.04.36

まあある程度高いことは予想していたのが、カプチーノ60AED(約1980円)、ケーキ40AED(約1320円)と。ぬぬ?これって結構高くね?というかコーヒー1杯が2000円近くするて。これ軽くギネスじゃね?というかちょっとぼったくりなような・・・

そして驚いたのがドバイには消費税がない!と思っていたのに、なぜかレシートを見ると(貧乏性なもので)税金が加算されている!なんで!?とおもわずドバイに長年住む日本人の連れ人に聞くと、去年あたりからホテル宿泊料も含めホテル内のものはサーブ料金?として税金が加算されるようになったとのこと。

外国人からふんだくろうとしてるやんけ!?

というわけでドバイの無税天国説はここにくずれた。

なんでも人がやってくれるプール

その後はプールや海でひと泳ぎ。当日は満室とのことだったが、まったく人の気配はなく、ひっそりと落ち着いた雰囲気が漂う。さすが7つ星ホテルだと思ったのが、プール前にロッカー、シャワーが完備されており、携帯や財布もそこで預けることができる。シャワー室にはほかほかタオルが置いてあり、ドライヤー、アメニティ等もある。

プールは2タイプあって、リラックスしたい人向けのゆったりとしたバー付きのビーチ。そしてもう一方ははしゃぎたい人や家族連れ向けのミニウォータースライダー&流れるプールがある。

そしてすごいのが、プールのビーチサイドにいけば自然とボーイ?みたいな人がやってきてタオルと水をセッティングしてくれるのだ。こういう細かいところはありがたい。ドバイでは何かにつけて自分でやらず人にやらせるという風潮があるようなのだが、これもその一環かもしれない。

そしてプール、海には浮き輪などは持って行く必要はなし。その辺に「浮かぶ棒」のようなしがみつくと体が浮く浮き輪みたいなものがあるので、適当にその辺から持ってきて浮かべばよし。こういう適当さは好きだ。そしてこの「浮かぶ棒」、何気に偉大な発明なんじゃないかと思う。

4pcs-lot-free-shipping-Stick-adult-floating-font-b-pool-b-font-font-b-noodles-b
「浮かぶ棒」の使用例

エミレーツパレスでおすすめなのが、海からみるグランドモスク。海に入るとグランドモスク全体が見渡せる。夕日が沈む海でみる壮大なあのグランドモスクは絶景だ。ちなみに海にいて写真はとれなかったため、いった人はぜひその絶景を見て欲しい。

素晴らしきサプライズかな

夜に部屋へ戻ると、妖精が部屋に入っていた!?

そう、部屋の様子が明らかに部屋を出た時と違う。照明が落とされ、ベッドの足元にはマットとスリッパが置かれている。そしてベッドランプ横にはリップクリームが。
20150925_203634

20150925_203621

意外なサプライズにちょっと嬉しくなる。そしてなんとスリッパが、人生ではいたスリッパの中でもっとも心地よく履きごごちがよかった。まさに7つ星のスリッパである。

朝食ブッフェもこれまたすばらしい。人生で見たこともない数の品々が並んでいる。普通のホテルであれば、オムレツや卵焼きを注文後作ってくれるというようなサービスがあると思うが、エミレーツパレスにはなんとサーモン入りのエッグベネディクトがある。おお!これって表参道の人気のパンケーキ屋で女子がこぞってたべたがるやつじゃね?ということで早速注文。卵の新たな一面と高いポテンシャルをエッグベネディクトに見たような気がする。

デーツなんかなぜか4種類ぐらいあって、ここぞとばかりに高そうなデーツを食べ比べてみた。お腹いっぱいたべたはずなのに、そんなに胃がもたれない。やっぱりいいものだからなのだろうか。

朝食後、携帯のバッテリーが切れかかっていることに気づき、フロントに聞いてみるとチャージしてくれるという。え?私の携帯のチャージャーもってるの?と驚き半ばだったが携帯を預けて数時間後に尋ねてみるとちゃっかりとチャージされていた。

そのほかにもエミレーツパレスを楽しむ方法はそれぞれあるが、別記事にまとめたのでそちらを参照に。

7つ星なのに部屋にコーヒーがない理由

ちなみに1つ驚いたのが、7つ星ホテルのくせになんとコーヒー、紅茶がないのだ。どんなぼろホテルでも大概はお湯を入れてのむコーヒーぐらいはあるものだろう。しかしパレスにはそれがない。不思議に思って、フロントの人に聞くと

「パレスというコンセプトですから、自分で自分のために何かをする、といった行為はだめなんです。つまりコーヒーを自分で飲むためにお湯を注いで、作る、というのはパレスの概念に反するのです。コーヒーを置いて欲しいというようなお客様の声は頂いており、もしかしたら近いうちにそれが実現するかもしれません」

パレスの概念はどれだけ高尚なんだ!

いまいちその概念がよく飲み込めないまま、とりあえずコーヒーがない理由がわかったのでよしとしよう。

最後チェックアウトするときに、「パレスのことをこれで思い出して」という意味で、金のブックマークをいただく。金ばかりなので目がチカチカする。これにて7つ星ホテル体験は終了。

20150926_121442

7つ星ホテルはほんとうに7つ星か?

7つ星の概念によると思う。7つ星ホテルだからといってあれもこれもしてくれるだろう、という過度の期待は禁物である。すばらしい朝食、ホテル滞在者だけのビーチ、あれこれお世話してくれる人等々のサービスを考えればそれだけの価値はあると思う。ただ個人的には通常価格で行くか?と言われれば、そこまでする必要なないかと・・・うーんやっぱり貧乏ものにはちょっと夢心地すぎたかもしれない。

エミレーツパレスホテル