英語が出来なくたって海外に行かなくたっていいんだから

英語を身につけなければ生き残れない、とか海外志向の日本人はこれからは海外の時代だよね、もっと海外に出るべきだ、などといった「グローバル化」という実態のないスローガンをもとに外へ出るがよし、日本人よもっと外向きになれ!といった風潮が蔓延しているように思える。

英語ができた方が仕事や就職に有利だからといい、2020年の東京オリンピックに向けて外国人観光客が増加するからといって、こぞって英語学習に励む。


英語学習はブームという一時的なものに終わらず、もはや日本人の習慣といってもいいほど日本人にとって英語というものは長年の課題になっている。

長年の課題というのは、大半の日本人が長らく英語学習の過程にとどまるからであり、学習のステージから英語を使いこなせる修得のステージにたどりつく人々が少ないゆえである。

そんな中途半端な状態だからいつまでたってもうさんくさい英語教室などがはびこっているわけで、いつまでも成果の上がらない英語学習に日本人は無駄に金と時間を投資するのである。

決して英語学習にひたむきになる日本人をディスっているわけではない。ただ闇雲に周りが英語だというから、なんとなくで金と時間を中途半端に英語学習なんぞに使ってしまう人々に、警鐘を鳴らしたいだけなのである。本当に各人にとって英語は投資に値すべきものなのか、ということを。

英語を話せない方がよかった

とはいえ、かくいう自分もそれなりに英語学習には時間と金を投じてきた一人である。今ではなんとか英語のみで生活、仕事をしているが、果たして英語を話せてそれでよかったのかと最近考えるようになった。

いや、むしろ英語なんて話せない人生の方がよかったのではないか、と。

英語ができることの特典は、嫌というほど皆聞かされているであろうからここであえて繰り返す必要もないだろう。

逆にここで強調したいのは、純ジャパが第2言語として英語を話すが故に伴う苦痛、英語を話すことの欠点である。

英語を話すことに伴う苦痛
1. 自尊心をえぐられる
2. 見たくない世界に意図せず踏み入れてしまう

まず1であるが、これは英語習得の過程でもうまく言葉が出てこずに自分を表現できない、相手の言いたいことがわからず自信がなくなってしまうことにより生じることもあるが、ある程度使いこなせている(あくまでも自己査定による)安定期でもしばしばやってくる。

それは習得過程のものとは違い、もはや言葉ではなく、それに伴う文化的なコンテキストの欠落による不完全なコミュニケーションによるところが大きい。

英語をそれなりに操れたとしても、言葉の土台である文化や隠された意図の読み取り違いが起こる。そして不完全なコミュニケーションしかできない自分というラベル付けが自尊心をえぐる。

2では、英語を話すが故に必然的に日本語で会話するよりもより多くの種類の人間と話すことに伴って生じる。英語が話せれば世界の人と話せる、これこそが英語を話す利点じゃないか、と思われるかもしれないが逆に話す必要のない、もしくは自身を脅かすような人間とも関わらなければならないということである。

ちなみにこれは人間関係が取捨選択できる友人関係ではなく、主に仕事関係においての話である。

端的に言えば、日本語だけ話していればまあまあ許容のできる心地の良い価値観だけで生きていけたのに、英語による人間関係が入ってきたことにより許容範囲をぶっちぎった不快な価値観やら言葉を投げかけられるということだ。

当初は、それこそが自分の価値観を広げるチャンスだと好機として捉えていた。しかしあまりにも許容できない価値観に侵食され続けると、自分の価値観と他者の価値観の境界線が曖昧になり、己のプリンシプルを守りきれないときがある。

そんな状況に置かれながら、本当にこんな世界を知る必要があったのだろうか、と自問する。

もちろん個人差はあるだろうが、少なくとも英語という共通言語を持つことによって、それ以上に異なる文化や国を背負った人々とコミュニケーションを取らざるおえないという過程は少なからず誰もが体験することだろうと思う。

時にはひどいストレスにもなる。心の騒乱を引き起こす。そんな時、我々はやはり共通言語なんぞに頼らず、その国でその文化に浸り粛々と人生を営むべきだったのではないかと思うこともしばしばある。

海外なんかしょせん窓越しに眺めておくだけでいいのだ

やたらと海外を紹介する番組が茶の間でも定着しつつある。海外在住の日本人妻やら世界の僻地に住む日本人の人生ドラマといった、島の外へ広がる世界への嬉々とした好奇心を誘う特集。

ハリウッド映画や海外ドラマはアメリカはかっこいい!英語を話したい!といった価値観を我々に潜在的に植え付けていく。

海外に興味を持つことは別に悪いことではない。けれどもそれらは単に、我々は富士サファリパークで、車の窓越しに、海外や外国人という猛獣たちを眺める行為であるということを認識しなければならない。

決して猛獣たちと直に関わらずに、安全な車越しに猛獣の生態を見て、好き勝手な解釈をしサファリを楽しむという行為。

海外との交流は、この車窓越しで眺める程度で十分なのだ。海外に出て働くなんていう行為は、自らを猛獣の中に放り込んで進んで八つ裂きにされるようなもんである。

猛獣たちの中に入ると景色も事態も、車窓のそれらとは全く異なる。車窓から見えたのは、けだるそうにその辺をうろうろし、木の木陰に寝そべっている猛獣たちである。我々人間に害はない。

しかし一度猛獣たちと生活してみると、噛みつかれることは日常茶飯事。猛獣たちの生存競争が始まるのだ。車窓から猛獣を眺める娯楽がなんと楽しかったことか。

そんな危険な状況に身をおくぐらいだったら、やはり車窓越しに海外を楽しむという方がよかったのではないかと思う。

英語を話すことへのボイコット

そんなわけで、英語は現時点で自分にとっては動揺を引き起こす不幸の種以外に他ならない。話せば話すほど心の混乱を巻き起こし、訳のわからない世界へ引きずり込まれていく。話すことへのボイコットを最近実施している。

しかしボイコットによる沈黙もまた、コミュニケーションにおける勘違いを引き起こす厄介者でもある。

けれども英語を勉強してしまったこと、海外就職をしてしまったことについては後悔はない。少なくともあの時は自分がどうしてもやりたく、実現したいことだったのだ。

それを実現し、それが日常となった今、また別のことが見えてきた。その意味で、自分が信じていたこと、予期していたことと現実は違ったのだということがわかっただけでもやったかいはある。

だから英語を学んだ方がいい!海外にいった方がいい!といった声が大きい中で、一人、英語なんて話せなくていい、海外なんか行かなくてもいいとつぶやくのだ。