出演者はブスだけ!?ブスをとことん語る「おぎはやぎのブステレビ」が面白い

とんでもない時代に突入したらしい。これまでは美女との対立において、もしくは笑いを添えるものとして登場していた「ブス」たちが、ブスだけで集まり、ブスの生態について語る番組がある。

それがアメーバTVで毎週月曜日9時から放送されている「おぎやはぎのブステレビ」だ。


一般人から芸人まで、レギュラーメンバーが定着しながらも、毎回少しずつゲストが変わる。司会はおぎやはぎで、「ブス」という繊細なテーマを強すぎもせず、弱すぎもせず心地よい程度の毒と面白さで番組を盛り上げるのがツボだ。

「ブス」の生態を徹底的に掘り下げる

演者たちもブスと呼ばれることに卑下することなくすがすがしい。むしろおぎやはぎの小気味のいい合いの手が入ることでうまくエンターテイメントとして成立している。

その中で、友達とも親とも語ることのない「ブス」というテーマについて徹底的に語っている。自分がブスだと気付いた瞬間やブスな行動、ブスの口癖、ブスあるあるなどを紹介していく。

普段おおっぴらにブスについて語ることがないだけに、自称ブスたちの恋愛話や悲惨体験は興味深く聞き入ってしまう。

「ブス」テレビにおけるブスの定義

出演メンバーを見ても一概にはっきりとしたブスの定義というものは見えてこない。個人的には化粧をすればそこそこきれいなんじゃないかという人もいたりするので、どうやらこの番組にはそこそこの広い定義のブスが集まっているようだ。

しかしその中で絶対的な定義に含まれているものが、やはり目が小さい(一重)ということである。残念ながら日本では目が小さい=ブスになってしまうようだ。

そしてブスあるあるなのか、必ず変なあだ名をもっているのがこの番組のブスたちの特徴らしい。


アメーバTV おぎやはぎの「ブス」テレビより


アメーバTV おぎやはぎの「ブス」テレビより

今では死滅しかけているガングロギャルのすっぴんもブス扱い。。。

ブスの広義な定義によりブスが増加?

このように人によってはブスにみえなくない人も、ブスカテゴリーに入っており、司会のおぎやはぎからブスいじりをされている、ように見える。

そのため見ている視聴者からすれば、もしかしたら自分もこのブステレビに参加資格のあるブスなのかもしれない、と疑念を与えてしまう。まさに私はその一人である。ということで、長年生きていて気づかなかったけれども、もしかすると自分はブスなのでは!?という疑念にかられている。

しかし、悲しいことに親しい人間であればあるほど、客観という鏡からは程遠くなる。友達や親に向かって、

「ねえ、私ってブスかしら?」

と聞いても

「ああ、ブスだねえ」

という宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のような素朴な童話的会話など起こることはないだろう。

ブスという非常に相対的かつ主観的ものであるがゆえに、現代の日本の美の基準にとらわれ、自分に対してブス疑惑を抱く人々が増えないことを願いたい。

ブスを主役としたこの番組の企画自体は楽しい、演者たち本人もブスという建前でおもしろさを誘っているだけであればいい。このあくまでエンターテイメント性をもったブスというものを視聴者、企画者、演者が共通認識として持ち、楽しむということが重要なのだ。

日本のブスがモテる!どんでん返し企画が見たい!

太った芸人やブスと呼ばれる人々が、よく口にするのは「実は私海外では結構モテるんですよ」という発言。この番組の出演者たちも例外ではない。

そう、美の基準が多様であり、またオリエンタルというものに憧れを抱く欧米であれば日本のブスはブスでなくなるのだ。私が以前行った、「日本人女子が本当にモテる国はココだ!」自ら実験体となり実態を調べてみたからも分かるだろう。

というわけでこのブステレビでも、そんな企画をぜひお願いしたい。日本のテレビではさげすまされているブスたちが番狂わせで、輝く姿を見たい。もしくは明石家さんま司会で、「ブスのから騒ぎ」なんて番組になっても面白いだろう。