日本と海外で違う有給休暇の感覚

日本の有給消化率が、世界ランキングで下から数えた方がはやい?有給取得に罪悪感を感じている?そんなのは都市伝説だろと思うぐらい、日本にいた頃からも有給消化率100%の人生を送ってきました。

全然休みが取れない、休みをとるのに罪悪感を感じる、実際にこれらが起きているのだとすれば、誠に不可思議な現象である。毎日、鬱々と会社に行くぐらいなら、がっつり働いてパッと遊んで楽しんだ方が、メリハリができる。


それに、経営者でないかぎり、自分が死んだって会社は存続するだろうし、仕事も終わらないわけだから、別に休んだくらいでどうってことはない。むしろ、自分がいかに満足できる生活を送るかの方が重要である。

大事なのは会社やチームへの貢献ではなく、自分の人生を充実させることである。日本はどうやら前者に重きを置く人が多いためか、結果的に長時間残業や有給取得率の低下につながっていると聞く。

しかし考え見れば日本というのは、有給取得率が悪いと言われる割には休みをとっている方だと思う。なぜなら毎月のように祝日があるし、祝日が重なるゴールデンウィークやシルバーウィークなどもあるからだ。

一説によると、これは休まない日本人を強制的に休ませるための策なのだとか。確かに、体育の日やみどりの日、山の日などイマイチ意義がはっきりしない怪しい祝日が紛れ込んでいる。

山に親しむために「山の日」として、1日を祝日にしてくれる国というのも考えてみれば滑稽である。

祝日がほとんどないUAE(アラブ首長国連邦)で働いていると、日本はいかに休みが多かったかがわかる。そして祝日がない中で働く辛さも。祝日が少ない国で働くのは、はっきり言って地獄である。

本題に戻ると、休みを取らない日本人に比べて、外人というのはその逆で、むしろちょっとぐらいは罪悪感を感じたらどうだ?と思いたくなるぐらい、よく有給を取るし、長い。中には、有給休暇がなくなり、給料から天引きされてまで休もうとする輩もいたぐらいだ。

さらに悪質なケースだと、有給を取り旅行に言った後必ず体調を崩して、病欠するやつもちょいちょいいる。体調管理も仕事のうちだろ、とおじさんみたく言いたくなるがまあ人の体調なのでなんとも言えない。

真面目に有給100%を実行してきた私でも、外人たちの有給の取り方にはちょっとあっけにとられてしまう。私の上司は、3ヶ月に1回は2週間やら1週間ぐらいの休みをとっているぐらいだ。それも大した引き継ぎもなく。

なので誰かが休むと、予期しない仕事がめちゃくちゃ増えたりして大変なことが多々ある。そして、その人が帰ってきた日には、これでやっと忙しさから解放される!という嬉しさを込めて「おかえり〜」と顔をしわくちゃにして帰還を歓迎するのだ。

おそらく日本人はこれを迷惑と呼ぶのだろう。はっきり言って確かに仕事が増えるのは迷惑である。しかし、迷惑だからどうしたということである。

それならば、自分も休んで迷惑をかければお互い様である。

というのは言い過ぎかもしれないが、自分も有給を取った際には、このような迷惑をかけるのである。周りの同僚たちには、「迷惑」という概念が存在しないようで、「迷惑」に対して非常に寛容であるような印象を受ける。

また迷惑に見えても捉えようによっては、他人の仕事をやることで新しいことを発見できたり、学べたりすることもあるのだ。これは非常にありがたく、迷惑というよりむしろ感謝すらしたくなるぐらいである。

迷惑をかけないために、やりたいことを我慢する。これは誰の得にもならないだろう。第一、迷惑をかけないで、得るものって一体なんなのだ?

日本人はコミュニテイや和を重視するが、世界の人は、結構自分本位に生きている人が多い。そして後者の方が生き生きしているように見える。

というわけで、国に促してもらい休むのではなく、自分で休みましょう。島国の外では、ガツガツみなさん休みをとっているのです。