男しかいない!?野郎ビーチに行ってみた

君はかつてこんなビーチを見たことがあるだろうか。ビーチといえば、男だけでも成り立たない、女なだけでも成り立たない。両者が等しくそろってビーチをビーチ足らしめるのである。

観光地にもなっており、普段は日光浴や海水浴を楽しむ人々であふれのんびりとした空間が広がっているビーチが、この日だけは男だらけの野郎ビーチと化していたのである。


20160707_191231-1進めども進めども目に入るのは、野郎しかいない

DSC_0622
イベントでもなんでもないのにこれだけの野郎が集結するとは・・・一種の奇跡である

DSC_0659はしゃぎすぎて海で組体操なんかを始めちゃったり

DSC_0656
海の野郎おしゃれアイテム「ハチマキ」

DSC_0649
グラビアポーズで記念写真を撮る野郎たち

DSC_0645
下着で入るのが野郎の流儀

DSC_0639
海辺で寝ている野郎はなにを思うか

DSC_0631
99%の野郎の中で発見した女性たち。しかしイスラームの人なので全身を覆っている。

DSC_0687
海の中でこっそり逢瀬をしていても、海辺から丸見え。しかしイスラームの女性は海から出た後どうするのかが気になる。パンツ濡れてない?

男しかいないというこの超現象はいかにして起きたのか。実はこの日は、イスラム教徒のラマダン(断食月)を祝うイードと呼ばれる祭日だったのだ。そのため、イスラーム教徒の労働者がこぞってこのイードを祝うため、ビーチに集結したのだ。

そもそも住民の男女比率が、7対3というドバイ。いくら男の比率が多いとは言え、これはやりすぎである。世界中探しても野郎だけのビーチは滅多に見られるものではないだろう。