日本人女子が本当にモテる国はココだ!自ら実験体となり実態を調べてみた

かつて短期ニートをやっていた時に、あまりにも暇すぎたのである調査をすることにした。巷には、どの記事をみても日本人女子がモテるのは「トルコ、イタリア、バリ、アメリカ〜」などとお決まりの国しか並んでいないからだ。んなわけあるかい!他にもあるはずじゃ!と思い自らを実験体にし、数値に基づいた調査を実施することにしたのである。

それがTinderを使って日本人が本当にモテる国を探すことである。


Tinder

詳細を説明すると、Tinderは無料バージョンの場合は、LIKE、SUPER LIKEできる数が限られており、スワイプできる場所も、自分の現在地のみに限られている。しかしこれが有料版に移行すると、これらの制限がなくなる。つまり好きな場所でLIKEし放題というわけだ。ということで、これらの利点を存分に悪用して行った「日本人女子が本当にモテる国はここだ!」調査の結果を発表したいと思う。

ちなみに本来Tinderは旅行先でいい人を見つけよう!というキャッチフレーズで、有料版を押している。公式サイトで見れるプロモーションビデオを見るとそれがよく分かる。

調査手法
1.ある都市を選び、表示された男性に対して無作為にLIKEをつけていく
2.1都市あたり200のLIKEをつけた上で、マッチ数、メッセージ数をカウント。
基本は各国の首都を選定しているものの、アメリカに関してはニューヨーク、ロサンゼルスの2箇所で調査。理由は後ほど述べる。
*被験者はあくまで1人なので同じ日本人女子でも多少の偏りがあることをあらかじめご承知ください。

海外のモテる国ランキング

それでは最新版日本人女子がモテる国ランキング。
1位:イギリス(ロンドン)
2位:トルコ(アンカラ)
3位:韓国(ソウル)

名称未設定2
計算方法:マッチ数とメッセージ数を合算しスワイプした総数(200)で割り出したものをモテ率として換算

なんとトップはイギリス。続いて日本人がモテる国としては常連国のトルコ。3位に韓国がランクインしたのは意外だった。なぜなら韓国といえば、色白で超美人がモテると思っていたのだが、フツメンの女子でもそこそこいけるのだろうか?巷のランキングと全く違う国が出てきてちょっと怖いぐらいである。

同じアメリカでもLAとNYでは雲泥の差である。アジア人が多いと言われるLAの方が、アジア人の需要があることを意味しているのだろうか。NYの数値を計測した時に、あまりにも「こんなはずでは・・・」という信じられないぐらい低い反応率だったため、再度LAでも計測しようと思ったのがアメリカが2都市入っている理由である。

またサウジアラビアをいれたのは、独身女性が基本観光で入れない国に住む男性諸君が、一体どのような反応をするか見たかったため。その期待に応えるかのように、反応率はそこそこよい方に入ってくれた。

日本よりもモテる国は?

次は、日本と比べてモテる国を見てみよう。下記は日本を加えたグラフ。グラフ軸がマイナスになっているものは、日本よりはモテないことを意味する。

名称未設定

なんとこちらも変わらず先ほどのランキングと同様の結果になってしまった。というか日本がかなり高いことが予想外だった。日本のTinderユーザーはかなり飢えている状態だからなのかもしれない。

調査を終えての感想

数値には含まれていないものの、国によってかなりアプローチが違ったことが印象的だった。とくにトルコ、エジプトではTinderに結び付けているインスタグラムアカウントを見て、インスタグラムにメッセージを送りつけてきたり、フォローしたり、中にはむりやりFacebookから不気味なメッセージを送る輩もいた。なんだかアラブのぐいぐい行くお国柄が出ているようである。

メッセージにしても国によって違い、とくにアメリカでは、いきなり「ピザ食いにいかない?」と「こんにちは」よりもピザを推すメンズがそこそこいたのが驚きであった。ピザといえばイタリアの特権では?と思ったが、もやはここでもアメリカが図々しくもジャイアン精神でピザを自分たちの国民食のごとく扱っている様子がうかがえる。

また中国、バリ、タイ、韓国はアジア諸国なのだが、Tinderユーザーを見ると欧米人が感覚的に7〜8割、現地人が2〜3割という割合で圧倒的に欧米人ユーザーが中心であった。ちなみに日本は逆である。とくにバリは、もはやチャラい欧米人のサーファーっぽいのしかいなかったのが印象的であった。

調査目的で無作為にLIKEしてしまって世界の男性のみなさん、すみませんでした。