こだわりの給料日の過ごし方

ここだけの話、私は給料日をこだわることにしている。え?なんか旨いものを食べるとか?いや、そういったものではない。

まず給料の受け取り方から、そのこだわりは始まる。通常ならば口座振り込みが普通だが、こちらでは小切手で受け取ることも可能。小切手は通常、銀行口座を持っていない、なんらかの状況で口座に振り込みができない場合に使用される、第2の手である。


さらに小切手の場合、わざわざ銀行に行き現金化もしくは銀行によっては小切手専用ATMにて振り込む必要がある。小切手専用マシーンとはいかなるものか?ドバイに来て初めて知ったが、こちらでは小切手をATMのようなマシーンに入れ込むだけで、お金だと認識して口座にお金が入る仕組みがあるらしい。

20160505_112412
小切手専用ATM

20160505_112419 2
金額を入力した後、そのまま紙の小切手をいれるだけ

紙に書いた数字をどうやってお金として認識するのか?そのシステムを聞いた当初は、昔地球は丸くないと信じていた人が、地球は丸いと言われた時のように、そんなわけあるかいみたいに信じがたい話だった。

しかし、一度やってみるとそんなもんか、と思って何も思わなくなるから人間の順応というのは不思議である。

はじめはこの小切手の現金化作業が面倒だったため、口座振り込みにしてもらっていたが、突然ここに来て小切手をもらう喜びが再来したため、以後給料は小切手で受け取るようにしている。

手間を考えれば確かに小切手は面倒くさい。しかしよく考えると「給料を手渡しでもらう」という重みを感じられるのである。わざわざ給料日には、経理のオフィスまで2階から1階へと出向き、書類にサインをして小切手をもらう。一見すると面倒だが、この面倒さゆえに「給料をもらう儀式」として、様々な感情が巻き起こる。

口座振り込みの場合は、「給料日だな。わくわく」ぐらいだが、小切手の場合は、「よし、今日は給料をもらうぞ」という意気込みから始まる。そしていつ頃小切手を取りに行こうか、小切手をどこで現金化しようかなどといろいろと考える。

そうしたことを考えながら、経理オフィスに行き書類にサインをする。そして一度会社の外の誰もいなさそうな場所で、もらった小切手を一人こっそりと舐め回すように見つめて、「給料もらったぜ」という喜びに浸るのである。そして毎月同じ額にもかかわらず、何度もスマホで日本円に換算して、「うへへ」と思うのである。

そして小切手を現金化して口座にいれるため、帰宅途中にわざわざモールなどに入っている銀行に行き、小切手専用マシーンに取り込む。その後は、モール内のスーパーで食材の買い物をして帰る、という一連の作業がお決まりの給料日コース。

ちなみに給料日だからといって、うかれて「これも買っちゃえ!」となりそうな自分を制御するのが腕の見せ所。給料日といえども、必ず後で「買わなくてもよかった」と思うものの発生を事前に防ぐことが、重要なのである。そのため、スーパーに入る際には、あらかじめ買うものを頭の中でリストアップしておくのである。

しかしこのお決まりのコースにもたまに邪魔が入る。1台しかない小切手マシーンが、サービス中止になっていたときにがっかり感は半端ない。ドバイでも数少ないマシーンにわざわざやってきたのに、この裏切りは辛いものがある。同じ銀行でも、この小切手マシーンはそれなりの主要箇所にしかないのだ。

おいおい、給料日なんだからこの日に限ってサービス中止せんでもええやろ?と愚痴を心の中でつぶやくが、ま、ドバイだししゃーないかと思って、お決まりのコースにそそくさと戻る日もある。まあそんなハプニングも楽しみながら、給料日のおこだわりが続くわけです。