古き良きアラブを体感!ドバイスークの賢くまわるポイント

ゴージャスなイメージとは裏腹に、ドバイには古き良きアラブを体験できる場所がある。それがスークと呼ばれる市場が集まるデイラ(Deira)とバール・ドバイ(Bur Dubai)とよばれる地区だ。豪華なドバイもいいけど、アラブっぽいものを見たいという人にはおすすめのスークと行き方をご紹介。

ゴールドスーク
6996107459_b3832ffbdb_b

ドバイといえば一番有名なのがこのゴールドスークだろう。とにかく金の装飾品を扱う店が並ぶ。多くの金はインドから輸入されたものらしい。キンキラキンに輝くゴールドスーク、見ているだけどもなぜか金持ちになった気分になれる。


スパイススーク
fotolia_3535985_m

スパイスを中心に扱う店が立ち並ぶスーク。アラブ料理やインド料理に使われるスパイスから、食器や雑貨など現地の人も買いに来るような日用品の店がある。購入する際には、言い値で買うのではなくきちんと値段交渉をするとよい。

テキスタイルスーク
s1

その名の通り、布を扱うお店が並ぶ。カンドゥーラやシルクなどさまざまなスカーフなどがあり、旅行客には人気のスポットだ。注意したいのは、店先に立つ売り子たちがかなりアグレッシブだということ。

道行く人に布をかけて店に引きずり込んだり、行く手を塞いで押し売りをされたりと手口が荒いのだ。このような背景には、売り子たちも上司が定めたノルマを達成しなければいけないという焦りにかられて必死なのである。

がいったん中に入ってみると、お水を出してくれたり「あれが欲しい」というものを探してきてくれたりして親切な接客が待ち受けている。根はいいやつなんだが、どうもノルマ達成には手段を選ばない人たちなのだ。

20160327_161109
日本人の扱いをわかっているPersian Start Tradingのアブッダッラー。やつはきっと日本にいったらモテるだろう。

デイラ・フィッシュマーケット
20151031_093129

観光スポットとして取り上げられることが少ないのだが、おすすめの観光地としてはパームデイラ(Palm Deira)駅近くのフィッシュマーケットをあげたい。名前はフィッシュマーケットなのだが、新鮮な野菜やデーツ、魚の干物まで売られている。こちらは観光客も少なく、あくまで現地の人が集まる場所といったところだ。

おすすめのポイントは、世界各国のデーツが食べられること。モールに入っているドバイ土産の定番高級デーツ、バティール(Bateel)もいいが、安くておいしいものならこのマーケットが1番だ。

パレスチナ、サウジアラビア、イラク、シリアなどアラブ各国のデーツが並ぶ。現地のエミラティいわく、デーツがおいしいのはパレスチナ、サウジアラビア産のものらしい。確かに非常に濃厚で味がたっぷりついていて同じデーツでもこんなに違うのか!と思ってしまうぐらいだ。デーツは美味しくない!という人にはぜひ食べてもらいたいものである。

フィッシュマーケットなので朝早く(5時頃)から開き、昼頃には閉まるので行く場合は午前中をおすすめする。

(注:フィッシュマーケットは2017年6月に新市場として別の場所に移転。詳しくはこちらの記事を参照。豊洲市場移転問題について考えていたらチャラ男に絡まれる

バスタキヤ地区

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アートと伝統が融合した、古き良きドバイにタイムスリップしたかのような気分になるバスタキヤ地区。スークに比べると、こちらは静かでゆったりとした時間が流れている。アートセンターやアラビア語で自分の名前を書いてくれるサービスのお土産屋さんなんかもある。

おすすめなのは、バスタキヤ地区にあるシェイク・モハメッド・文化センター(SMCCU)だ。バスタキヤ地区を回るならぜひともSMCCUが実施するツアーに参加すると良い。現地のエミラティが、建物やモスクを紹介してくれるカルチャーツアーから、現地のエミラティ料理を堪能できる朝食、ランチ会、ジュメイラ・モスクツアーなどがある。

イスラム教の休日である金曜日以外は、何かしらのイベントが行われているので、カレンダーでチェックしていってみるとよいだろう。ツアーはあらかじめの予約が必要となる。ドバイの人口の20%程度しかいないエミラティと話せるのはめったにないチャンスである。また、どんな質問にも快く答えてくれる。

私が参加した回では、イスラム教は本当に妻が2人以上いるの?とかアバヤの下は何を着ているの?といったイスラム教以外の人がいだくあるあるな質問が投げかけられていた。

<<ツアー費用>>
カルチャーツアー:
約2,100円~
ランチもしくは朝食会:約3,300円~
*ジュメイラ・モスクツアー(75分):約350円~
*SMCCUではなくジュメイラ・モスクに現地集合
いずれも午前中に行われる

古き良きドバイの名所を賢くまわるには?

スライド1_jpg__720×540_

モデルコースとしておすすめしたいのがパーム・デイラ駅をスタート地点とし、デイラ、バールドバイの主要観光スポットをすべて網羅するコースだ。逆にアル・ファヒディ駅から出発してもよいが、朝一でいった方がフィッシュマーケットは活気があるので、モデルコースではフィッシュマーケットを一番に観光するコースにしている。

所要時間は2〜3時間ほど。昼頃にバスタキヤ地区に着けば、バスタキヤ地区のおしゃれカフェで昼食をとるのもよいだろう。コーヒー博物館で、ドバイにしては珍しくこだわったコーヒーを味わうのもいい。

空港からタクシーで15分ほどもかからない場所にあるので、トランジットでやってくる人でも気軽にまわれるのが特長だ。

ドバイ旅行おすすめ本

E01 地球の歩き方 ドバイとアラビア半島の国々 2016~2017
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 67,954
ドバイ (タビトモ)

ドバイ (タビトモ)

posted with amazlet at 16.09.15
ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 140,784