東京ジャーミイの見学に行ってみた!日本のモスクを訪ねて

日本人にはあまり馴染みがないイスラム教。日本にいるイスラム教徒の人口は約20万人で、そのうちの半分は東南アジアなどからやってきたイスラム教徒だという。

東京ジャーミイは、東京の代々木上原にあるトルコ系のモスクだ。モスクというのは、イスラム教徒にとっての礼拝場で、日本でいえば、寺院や神社のような場所にあたる。

中でも東京ジャーミイは、日本全国で81箇所あるモスクの中でも最大級。テレビ番組などで取り上げられるようになり、異国を感じられるスポットとして、注目を集めつつあるらしい。
続きを読む

ドバイ旅行の予算っていくらいる?旅費を抑えるコツとは?

ドバイといえば、金持ち専用の観光地というイメージがある。どうせ何をするにもお金がかかるんじゃない?と思われるかもしれない。

確かにそのイメージは間違っていないが、それほどお金をかけなくても楽しめるのがドバイでもある。しかし、逆にお金を使わなさすぎるとドバイ旅行の楽しさも半減する。お金の使い方のさじ加減が難しいところである。
続きを読む

ドバイの宗教は?知らないと損するイスラームのルール

ドバイがあるアラブ首長国連邦(UAE)は、全体の人口の8割近くをイスラム教徒が占める国だ。ゆえにイスラム教の国である。

一方で、人口の8割が外国人を占めるドバイは、フィリピンやインドといったアジア圏からの出稼ぎ労働者も多く、日常生活においてもさほどイスラーム色を強く感じる場面は少ない。
続きを読む

世界で人気の観光地!アブダビのグランド・モスクの魅力とは?

アブダビ観光で外せない場所といえば、シェイク・ザイード・グランド・モスクだろう。2017年にトリップアドバイザーが発表した、「世界の人気ランドマークトップ25」では第2位にランクしている。もはや世界中の観光客を虜にするほど人気の場所となっている。
続きを読む

花を咲かせるニューデリーの職人たち【ドバイ郊外の町を行く】その3

シャルジャにやってきた目的は、ある本屋を訪ねることでもあった。

本屋ならドバイの中心街にある紀伊国屋が一番品揃えがいい。しかし、もうちょっとマイナーな本も見て見たいということで訪れたのが、アラビア語やイスラーム教関連の書籍を扱う「ダール・アル・サラーム(Dar Al Salam)」という本屋である。
続きを読む

アラブとペルシャが交錯する場所。海沿いの商店街を訪ねて【ドバイ郊外の町を行く】その2

シャルジャについてまず向かったのは、ヘリテージ・エリアだ。特に目的意識を持って行ったわけではないが、ふらふらとさまよっているとこのエリアへたどり着いた。いかにも観光客向けの場所である。
続きを読む

ドバイからアブダビへのおすすめの移動方法

ドバイからアブダビへ行くには、いくつかのルートがある。ドバイからアブダビへは日帰りで行けるので、ドバイ発の現地ツアーも多くある。

効率よくアブダビ観光ができるものの、こうしたツアーはすべて時間や見る場所が決まっている。そのため特定の場所に行きたかったり、時間を自由に使いたい場合は、あまり良い選択肢とは言えない。
続きを読む